銀行カードローンの自主規制の結果はどうなったのか

2017年に銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは全国銀行協会を中心に銀行業界は自主規制を導入しています。

10年ほど前の消費者金融の多重債務者問題では貸金業法改正による総量規制導入という結果になりましたが、銀行カードローンでは自主規制の効果を見極めるという感じでしょうか。実際に、銀行業界の自主規制の内容を見てみれば、いままで銀行業界には適用されていなかった総量規制を自主規制の内容に取り入れている銀行が多いことが一目瞭然にわかります。

ということで、総量規制対象外という売り物があった銀行カードローンですが、これからは銀行カードローンも消費者金融カードローンも審査には総量規制があると思ったほうがいいのかもしれません。