主婦がキャッシングを行える条件とその際の注意点

自身には収入のない主婦がキャッシングを行うには、消費者金融ではなく銀行の利用をおすすめします。消費者金融では原則的に本人に収入があることが契約できる条件となっている為、主婦の場合、パート
などで収入がないと利用することができないからです。

銀行では本人に収入がなくても、その配偶者に安定した収入があれば、それを元に利用することができます。これを配偶者貸付制度と言い、多くの銀行のカードローンではこの制度を利用した契約が行えます。

このような契約を行う際の注意点として、返済の為の収入源は配偶者でも、契約をするのはあくまで主婦本人なので、返済もその本人が責任をもって行う必要があります。
もし返済を行わない場合でも配偶者にそれを求めるようなことはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促の電話や封書が届くことでそれが発覚してしてしまう可能性があるので気を付けてください。

また、このように本人には収入のない主婦がカードローンを契約する場合、限度額は30万円程度が上限のことがほとんどです。いくら配偶者に収入がある場合でも、契約を行った主婦側がその中からいくら返済に回せるのか分かりません。その為、これくらいの金額までの契約しか行うことができなくなっています。