銀行カードローンは衰退していくのか?

銀行カードローンが総量規制を自主的に受け入れた結果、昨年の多重債務者数は改正貸金業法施行以降最低の数になったそうです。契約者の借り過ぎを防止できたことは良かったのですが、保証会社の貸し倒れ金額は過去最高となったそうです。保証会社である大手消費者金融はメガバンクの傘下にあり、メガバンクはカードローンの契約数が落ちただけでなく、連結決算でも大きな痛手を被ったわけなのです。

このまま銀行カードローンは衰退していくのかは正直分かりませんが、現在稼ぎ頭であるカードローンを銀行が見放すとは思えません。最近はTポイントや楽天ポイントを獲得できる銀行カードローンが増えており、金利や融資スピード以外に差別化を計り、契約者数を増やしていくことが考えられるのです。