総量規制対象外となることとは?

そもそも総量規制とはなにかとなりますがこれは消費者金融に対する貸付の総量を規制するものであり、総量規制という規制自体は色々な業界であったりします。しかし、この場合は無担保の信用貸しのことを言う場合が多いです。

具体的には年収の三分の一を超える貸付を消費者金融に禁止しています。この消費者金融に、というのが一つのポイントであり、より正確にいえば貸金業法が該当することになる事業に対しての規制になります。つまりは、銀行などは別枠、ということになります。あくまで総量規制が引っかかるのは消費者金融などであり、所謂銀行系のところは実は総量規制対象外となります。

これがまずは基本になりますから覚えておきましょう。しかし、消費者金融でも対象外となることがあります。それがおまとめローンなどになります。これは借り手も得をするからであり、返すことに積極的なメリットがあるからになります。

ですから、複数のところの借金を纏めて一つにするときに年収の三分の一を超えているとしてもそれは総量規制外のことになります。消費者金融でもおまとめローンができている理由としてはこうした例外がしっかりと規定されているからでもあるわけです。