消費者金融が行っている審査方法とは

例えばカードローンを使うために消費者金融へ申込んだとします。審査はネットや自動契約機を選ぶと、専用の機械が自動的にチェックします。金融会社を直接訪れて手続きをした際に行われるのは、担当者による目視と機械による審査の2種類です。それらを終えた後、問題ないと判断されれば在籍確認の作業に移ります。この作業は機械では無理なので、金融会社の担当者が書類に書かれている勤め場所の電話番号を見ながら連絡を入れます。

在籍確認で会社の人間が電話に出た時は、金融会社の名前を出さず名字のみを名乗ります。話し方にフレンドリーな雰囲気があるので、相手側は親戚か友人のどちらかが電話をかけてきたと誤解しやすいです。あと、審査の対象者がその職場内にいることが分かれば良いので、困るような何かを聞いたりしません。

自営業者が申込みをしてきた時は在籍確認をする目的で、会社ではなく家の方に電話をかけます。依頼者の家族が電話に出たら、知人を名乗ってから簡単な質問をします。質問内容は依頼者がその家にいるかどうかです。簡単な問いかけなので答えを得やすいため、長くても20秒未満で終わります。

会社勤めの場合と同じで、こちらも依頼者が生活しづらくなる事は一切しないです。