預金残高はキャッシングの審査に影響があるのか?

お金を借りるときに、返済してもらう側としては相手にお金がある状態の方が返すアテがあります。となると、預金があった方が審査も通過しやすいと考えるのが自然です。

ですが、キャッシングは実は預金額というのは審査に影響を示さないものです。

キャッシングの審査では「過去に貯めた金額」よりも、「将来的に支払いができる収入」をみます。預金自体調べるのも面倒ですし、口座を持っている銀行でもないので調べる権限もないです。

ですので、基本は職業の有無や収入状況を見ます。

預金残高が数千万円あったとしても、現在無職であります。 という状態ですと、審査はまず通過できません。

審査に通過したいのであれば、ためたお金より今の収入なのです。