”銀行系カードローン”の意味とは?

カードローンでよく聞くのが”銀行系カードローン”という言葉ですが、これはそのまま銀行カードローンのことを表す場合と、銀行系消費者金融のカードローンも含む場合があります。

銀行系消費者金融とは、メガバンクのグループ企業の消費者金融のことを表します。具体的にはプロミスやアコムのことで、銀行系とは言いながらどちらも有名な大手消費者金融です。つまり、大手都市銀行がバックに付いているというだけで、銀行カードローンとは全くの別物です。

よって、銀行が提供するカードローンだけを表現したい場合に銀行系カードローンという言い方をすると間際らしくなってしまうので、その場合は”系”を付けずに”銀行カードローン”でいいでしょう。

尚、大手消費者金融の中でアイフルだけは銀行系ではない独立系消費者金融です。銀行系ではないことから、手数料が無料で利用できる銀行ATMがない等のデメリットもありますが、大手都市銀行に頼らずともしっかりとした経営基盤ができていると考えることができます。

正直なところ、これらの大手消費者金融3社はどこを利用してもそれほど変わるものではありません。もし大きく変わるところがあれば、その会社しか利用されなくなってしまいます。その為、各社とも他社を参考にしてほとんど同等のサービスを提供していますが、唯一銀行系ではない独立系というところが魅力だと感じるようであれば、アイフルを選んでみるといった選択ができます。

銀行系は総量規制対象外だから借りやすい?

現在銀行系カ-ドロ-ンを1年前に同時に2社申込をして2社とも審査が通りました。申し込んだ銀行は住信SBIと楽天銀行でネット銀行のカ-ドロ-ンです。2社とも希望額や希望金利からはずれましたが100万円の与信枠からスタ-トということです。1年経過して1社は利用実績を作り1社は何も手をつけていません。

1社借入をした銀行は借入から3ケ月後に与信増枠の連絡を頂きました。収入証明が必要無いギリギリの金額で当初その金額付近まで与信枠が欲しかったのでほぼ希望通りになりました。ただ、ル-ル通りの返済を遅延なくしていることやクレジットカ-ドや携帯電話の支払い遅延もせず、クレジットカ-ドのキャッシング枠を全て0にしてある等が少なからず影響しているのかもしれません。

総量規制対象であれば2社合わせて当然申告した収入の1/3以上にはなりますので与信枠は広がらないと思いますので遅延が無ければ銀行カ-ドロ-ンは借りやすいのかもしれません。これはあくまで推測ですが最初に与信枠が小さくてもル-ルに従い返済実績を重ねることで与信枠は上がる可能性があるということだと思います。

勿論他の部分で遅延が無いことが前提だとは思います。ただここのところネットニュ-スなどで目にしますが財務省が総量規制対象外の調査をするようなことが話題になっているのでちょっと気がかりではあります。

レイクはどういった人におすすめなのか

数あるカードローンの中で、今レイクが気になっているという方はきっと大勢いらっしゃるのではないでしょうか。ですから、今回はそんなレイクに焦点をあてて説明をしていきたく思います。興味があるという方は、是非一読してみてください。
レイクというのは、消費者金融系カードローンの一つになります。ですから、審査はそこまで厳しくはないものの、利息であったり限度額でいえば銀行系のカードローンには敵いません。しかし、消費者金融系のカードローンの中では、条件は決して悪い方ではないと言えるでしょう。

またレイクの最大の特徴は、即日融資が気軽にできるという点にあります。テレビの宣伝などでも即日融資がプッシュされているように、レイクであれば非常に即日融資に強いカードローンになりますから、すぐにでもお金が欲しいという人にもってこいのカードローンだと言えるのではないでしょうか。

レイクがおすすめなのは、審査が厳しくないカードローンで且つ即日融資をしたい、という希望を持っている人です。そういった人であれば、きっとレイクを利用する事でかなりの満足感を得る事ができるのではないでしょうか。多くのレイクに興味がある方にとって参考になればと思います。

楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりオススメな理由は?

銀行カードローンを利用する時は大手銀行のカードローンを選ぶ人が多いです。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。またみずほ銀行カードローンは上限金利が14%、限度額が最大1000万円までと条件が良くなっています。それで大手銀行のカードローンを利用した方がメリットになると感じる人もいますが、最近ではネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。そこで楽天銀行スーパーローンは大手銀行のカードローンよりどの部分がオススメなのか見ていく事にしましょう。

・来店不要でキャッシングをする事が出来る

大手銀行のカードローンでキャッシングをする時は手続きや借りいれをする時に来店する事が出てくる場合があります。それで店舗が自宅近くにないと面倒に感じてしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンはWEB完結で手続きをする形になるので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・アルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っている

大手銀行のカードローンは審査が厳しめなのでアルバイトや専業主婦が利用するのは難しい部分があります。しかし楽天銀行スーパーローンはアルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っているので利用しやすいです。

レイクALSAではカードを作っておくだけというのも可能

レイクALSAの利用を考えてはいるが、今すぐお金を用意しないといけないわけではないというケースもあるはずです。

いずれ利用する可能性が考えられるけど、すぐには利用しないと思われるときにはカードを作っておくだけということも可能なので知っておいてほしいです。

カードだけを作って、お金を借りる必要がないということであれば、本当にお金が必要になったときにすぐに借り入れができます。

資金需要ができたときに迅速にお金が手に入れば、それは大きなメリットになりますから、そういった状況を想定したうえでレイクALSAにてカードだけ作っておくというのはおすすめの手段になります。

それが可能な会社ということで、レイクALSAの魅力を頭に入れておきましょう。

利用するメリットがたくさんあるプロミスでのキャッシング

急な出費でお金が必要になったが、銀行口座にはほとんど残ってない、どうしようか、そんな悩みを抱えたときに助けてくれるのが消費者金融であり、その中でも代表的な業者がプロミスでのキャッシングです。三井住友銀行グループに属する安定性、そして30日間での無利息融資、24時間振込可能など便利で実用的なサービスを展開し、多くの利用者の満足度を高めています。

また女性はちょっとこうした業者を利用することに抵抗を感じるものですが、プロミスは女性専用ダイヤルを用意し、女性オペレーターによる案内をしてくれますので、その点での不安もありません。

その他即日融資に対応していることや、50万円以下であれば収入証明用紙が原則不要であること、銀行やコンビニのATMを利用して融資や返済ができることなどプロミスを利用するメリットはたくさんあります。

主婦におすすめの銀行のカードローン

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングよりも貸付条件が良い分、審査が厳しい傾向にあり、特に収入がない専業主婦は契約が非常に厳しくなっています。専業主婦でも契約できる銀行のカードローンはあるのでしょうか。

大手ネット銀行である楽天銀行のカードローンであれば配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも契約可能とされているので、銀行のカードローンを契約したいと考えている主婦の方におすすめです。

なお楽天銀行のカードローンは通常であれば利用限度額は最高で800万円、金利は年1.9%から14.5%(2019年1月15日時点)という貸付条件ですが、専業主婦が利用する場合は利用限度額が最高で50万円、金利は年14.5%という貸付条件となる点に気をつける必要があります。

銀行カードローンは衰退していくのか?

銀行カードローンが総量規制を自主的に受け入れた結果、昨年の多重債務者数は改正貸金業法施行以降最低の数になったそうです。契約者の借り過ぎを防止できたことは良かったのですが、保証会社の貸し倒れ金額は過去最高となったそうです。保証会社である大手消費者金融はメガバンクの傘下にあり、メガバンクはカードローンの契約数が落ちただけでなく、連結決算でも大きな痛手を被ったわけなのです。

このまま銀行カードローンは衰退していくのかは正直分かりませんが、現在稼ぎ頭であるカードローンを銀行が見放すとは思えません。最近はTポイントや楽天ポイントを獲得できる銀行カードローンが増えており、金利や融資スピード以外に差別化を計り、契約者数を増やしていくことが考えられるのです。

便利でお得なプロミスのアプリローン

プロミスのアプリローンは、ついにここまで来たかと驚くほど気軽に利用できるローンです。従来は契約をするために店舗に来店して、審査などがありその後お金を下ろすという流れだったため、非常に時間がかかりました。ですがアプリローンはアプリをダウンロードして、それにそって契約をするだけで利用できてしまうため最短で1時間ほどで融資をしてもらうこともできます。

もちろんカードなどがなくてもスマホが1台あれば契約することができますし、本人確認もスマホのカメラを使って身分証を撮影してそのデータを送るだけなので時間もかかりません。だからといってその分のデメリットがあるようなことはなく、もともとある30日間の無利息期間をはじめ他の便利なプロミスのサービスも利用することができます。

楽天銀行のビジネスローンについて

楽天銀行のビジネスローンは、消費者金融のビジネスローンのように原則的に無担保、保証人不要でありながらも

借り入れできる金額はかなり大きいです。

最大で3000万円まで借り入れが可能で、金利は3.0%~15.0%までとなっています。

消費者金融のビジネスローンと比べると低めの金利であるといえましょう。

また、WEBからの申し込みが可能であり、24時間対応、来店不要で契約可能としているところも、大手消費者金融のビジネスローンのような利用しやすさがあります。

原則無担保、法承認不要でありながらも借り入れできる金額の上限が多いのでかなり利用幅が広がっているところが

楽天銀行のビジネスローンのかなりいいのではないでしょうか。

アコムの借換え専用ローンのメリットとは

アコムでは他社債務をまとめて返済負担を減らすことができる専用ローンである、借換え専用ローンというサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスのメリットや特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

借換え専用ローンは通常のカードローンとは異なり、例外的に総量規制対象外のサービスとされています。そのため年収の3分の1を超える借換えにも対応可能です。

・無担保ローン

同ローンサービスは無担保ローンとなっているため、連帯保証人や担保などの用意は不要で速やかに契約ができます。

・運転免許証なしでも契約ができる

基本的には契約の際には運転免許証などの顔写真入りの本人確認書類が必要ですが、同ローンサービスは健康保険証+住民票という組み合わせでも契約ができます。

新生銀行カードローンレイクの利用する時の注意点

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンでしたがかつては消費者金融でしたので最高金利設定が18%のままです。そのため銀行カードローンのような低金利でお金を借りたいという人にはあまり向いていません。銀行カードローンにも例外があるのでキャッシングを利用する時は注意が必要です。

銀行カードローンは収入のない専業主婦の利用が出来る業者もあるのですが、新生銀行カードローンレイクは利用条件は安定収入がある事なので利用出来ません。配偶者に収入があれば利用出来るのですがこれは主婦にとっては残念なところでしょう。

新生銀行カードローンは即日融資、Web完結サービスなどメリットもあるのですが、注意する点もあるので利用する前にしっかり確認しておきましょう。

レイクの2つの無利息ローン。どっちがお得?

レイクでは、2つの無利息ローンが用意されています。しかし、実際、自分が利用したいと思った際、どちらを利用すればお得なのか迷う人も少なくありません。

まず、一つ目が180日間無利息ローン。ただし、融資を受けたすべての額が180日間無利息と言う事ではなく、5万円以上の借り入れで、5万円までが無利息対象となります。そして、もう一方は、30日間、無利息ローンです。この場合は、融資を受けた額すべてが対象です。

では、実際、どちらを利用した方がお得なのかと言うと、融資額と返済回数によって、どちらを選べば良いかと言う事がポイントになります。例えば、10万円の融資を受けた場合、1回で返済可能ならば、30日間無利息ローンを利用した方がお得になります。3回以上の返済額になる場合は、180日間無利息ローンの方がお得だと言えるのです。

ただし、融資額が増えると話は変わります。50万円の融資を受けた場合は、返済回数に関係なく、30日間無利息ローンの方がお得になっており、額が増えれば増えるほど、30日間無利息ローンの方がお得な計算になります。
これらは、レイクのホームページで簡単に計算する事が可能です。その為、迷った際は、一度、シミュレーションを行ってから検討してみてはいかがでしょうか。