キャッシングを即日する際の流れ

キャッシングが即日受けられる特徴として、事前の診断項目も少なく、最短では30分から1時間以内でと便利です。短時間で審査の回答が着て、借り入れが可能なところもあるようです。

またキャッシングの流れとしては、スマートフォンやパソコンから24時間申し込みを可能なところもあり、インターネット上で契約ができて手続きすることができます。申し込みをすると会社側から内容確認の折り返し連絡が来ます。そして、カメラアプリなどで本人確認書類の提出をし、契約手続きのメールを確認した上で契約となり、会員ログインからの振り込みによる借り入れができるようです。そして、カードは後日自宅へと送られてくる流れとなっています。

もちろん電話での審査も可能で、電話をかけて借り入れが可能か判断してもらい、自動契約機にて申し込みをしてカードを発行してもらい利用することができます。

アイフルの即日融資がとにかく早い

色々な消費者金融がある中、私が選んだのがアイフルです。今はどこもインターネット完結のシステムがありますし、入金までは早いですよね。しかし、アイフルの場合はインターネットから申し込みをした後に電話で連絡すると、優先して審査をしてもらえるというサービスがあるんです。とにかく急いでいる人向けで、当時とにかくすぐにお金が欲しくて検索したらこちらがヒットしました。

普通に申し込みをしたらフリーダイヤルの番号に連絡するだけ。フリーダイヤルなので電話代もかかりません。審査も優先して頂いたのですぐに完了し、午前中の申し込みだったのでそのまま口座の方に入金して頂きました。近くにある自動契約機は、ビルの目の前に知り合いの店があるので行きにくかったんですよね。おかげで助かりました。

カードローンの即日融資の注意点

カードローンの宣伝では、即日融資という言葉がよく使われています。文字通り、カードローンの申し込みをしたその日に審査が完了し、お金を借りられるということです。銀行のカードローンでも即日融資可能と謳っているところがありますが、銀行の場合は審査に時間がかかる傾向があるので、その日のうちに現金が必要になったという場合は、消費者金融のカードローンの方が即日融資してもらえる可能性が高くなります。

即日融資の場合は、まず申し込みをなるべく早く済ませることが条件となります。最近では来店不要で申込み手続きが全てWeb上で完結し、借入金は銀行口座に振り込んでもらうこともできますが、この場合は、振込みに間に合う時間帯に審査に通る必要があるため時間の制約が厳しくなり、指定の銀行に口座を持っていなければいけない、など条件が厳しくなります。

そのため、申込み手続きはWebで済ませ、自動契約機まで出向いてローンカードや書類を受け取り、その場で現金を引き出す方が即日融資の可能性が高くなります。

即日融資は原則、平日の申し込みに限られていますが、大手消費者金融の中には、土日の即日融資にも対応しているところがあります。緊急の場合は、前もって電話で問い合わせてからスピーディに手続きをすることが大切です。