主婦がキャッシングを行える条件とその際の注意点

自身には収入のない主婦がキャッシングを行うには、消費者金融ではなく銀行の利用をおすすめします。消費者金融では原則的に本人に収入があることが契約できる条件となっている為、主婦の場合、パート
などで収入がないと利用することができないからです。

銀行では本人に収入がなくても、その配偶者に安定した収入があれば、それを元に利用することができます。これを配偶者貸付制度と言い、多くの銀行のカードローンではこの制度を利用した契約が行えます。

このような契約を行う際の注意点として、返済の為の収入源は配偶者でも、契約をするのはあくまで主婦本人なので、返済もその本人が責任をもって行う必要があります。
もし返済を行わない場合でも配偶者にそれを求めるようなことはありませんが、内緒で契約をしていた場合は催促の電話や封書が届くことでそれが発覚してしてしまう可能性があるので気を付けてください。

また、このように本人には収入のない主婦がカードローンを契約する場合、限度額は30万円程度が上限のことがほとんどです。いくら配偶者に収入がある場合でも、契約を行った主婦側がその中からいくら返済に回せるのか分かりません。その為、これくらいの金額までの契約しか行うことができなくなっています。

はじめてのキャッシングは情報収集が大事です

初めてキャッシングを利用する方は、どのようなキャッシング会社選べば良いのか、判断が難しい感じるようです。

キャッシングできる条件や、返済する際の金利などを参考に選ぶと思いますが、ほかの業者と比べて、あまりに金利や、審査の基準などが低い条件の場合は、少し調べて利用するほうがいいでしょう。

なかには悪徳な業者が、今でも存在しています。

まずは大手で名前が聞いた事がある業者を選ぶ方が良いでしょう。

確実に闇金かどうか見分ける為には、貸金業者登録を確認するようにしてください。

ほとんどの業者はインターネットでホームページを開設しているので、確認できるようになっています。

またネットで便利なところは、口コミを確認する事ができる事です。

利用前に、実際に利用した方の声を聞いてみる事で、どのような業者なのか確認すると良いでしょう。

またキャッシング会社の条件を比較する事にもなるので、情報収集をして、自分の条件や、業者の条件を照らし合わせてみましょう。

キャッシングの利用で一番重要な事は、自分の返済能力が本当にあるのか?という事です。

キャッシングのメリットは、いざという時に頼れる事ですので、情報収集をきちんとして、自分にプラスになる利用を心がけましょう。

アルバイトがキャッシング業者を選ぶ時のポイント

アルバイトがキャッシングをする時は正社員に比べて負担が大きくなってしまう事があります。それでキャッシング業者の選び方に注意しなければいけません。選び方を間違えてしまうと返済が困難になって債務整理をしなければいけない場合もあります。そこでアルバイトがキャッシング業者を選ぶ時にどのような点がポイントになるのか確認していきましょう。

アルバイトがキャッシングをする理由がほとんどが金欠です。それでキャッシング業者を選ぶ時は融資スピードが優れている点を重視する必要があります。審査回答が即日のキャッシング業者を選ぶのがオススメです。また融資スピードが優れているキャッシング業者は金利が高く設定されているので無利息サービスがある事も忘れないようにしましょう。

年金のみで生活されている方はカードローンを契約できる?

現在国民年金が受給できる年齢は65歳となった時です。ただし国民年金には繰り上げ請求できる権利があり、60歳になった時から受給できます。この際の受給額は65歳時からの受給額の7割となりますが、60歳から64歳の間に亡くなってしまったら全て水の泡となりので、60歳から減額受給するのもアリです。

このブログ的には、年金受給者がカードローンを契約できるのかという疑問があります。答えはグレーで、年金のみで生活されている方が契約できるカードローンは少ないということになります。実際大手消費者金融では、年金のみで生活されている方は契約できません。ただし中小の消費者金融や信販会社のカードローンなら、年金受給者でも契約できるところがあります。

例えばオリコカードでお馴染みのオリコのカードローン「CREST」なら、満20歳以上で安定した収入があれば年金受給者でも申込めます。なおWEB申込みなら初回借入時の金利が2%割り引かれ年16%となるので、年配の方でも頑張ってWEBから申込みましょう。ただしCRESTには多少のデメリットごあります。それは融資を受けるまでに最短5営業日、実際は6~7営業日かかることで、お急ぎの方には向かないことです。それでもCRESTは、年金のみで生活されている方でも契約できる貴重なカードローンとなります。

借り換えタイミングを考えてキャッシングを選ぶ

色々な用途で使えるキャッシングでの融資は、ユーザーにとって利便性が高いお金です。期日までに利息を上乗せした金額を返済すれば、様々なシーンで活用していく事が出来ますので、計画的に使っていく事が重要です。返済額は、消費者金融会社が設定している金利やユーザーが一度に借りた金額など複合的な要素が絡んでおり、ユーザー毎に変わってきます。利息を減らしたり、返済する消費者金融会社の数を減らしたりしたい場合には、借り換えを検討しても良いでしょう。

借り換えタイミングは、複数の消費者金融会社でお金を借りている場合において、まだ、債務残高がかなり残っているという時点で返済先を減らしたいといった時が効果的です。今までの消費者金融会社のキャッシングで借りたお金を全額返済するには、新しい借り先でその額に相当する融資を受ける必要があります。その為、信用情報機関のデータベースで問題があるような記載が無い事が大切になってきます。

借り換えタイミングを計って、キャッシングを選ぶ事でユーザーはスムーズに返済を続けられる環境作りを行えます。消費者金融会社は、キャッシングの他にも、おまとめローンを用意していますので、借り換え方法はいくつか選択肢があり、ユーザーの用途に合ったものを選べば良いでしょう。

人によって異なるキャッシングの限度額

キャッシングを利用する際に、まず設定されるのが限度額です。限度額の範囲内であれば、何度でも借入と返済を繰り返すことができますが、限度額を超える金額を借りることはできません。そのため、限度額が高いほうがより便利にキャッシングの利用ができることになります。

ただ、限度額というのは利用者が自由に決められるものではなく、業者が利用者の希望や条件を元に一人一人に最適な限度額を設定していきます。この時、限度額に大きな影響を与えることになるのが利用者の年収です。総量規制の関係で、年収の1/3を超える金額を借りることはできないようになっています。そのため、同じ業者を利用しても、限度額の上限は人によって大きく異なることになります。

キャッシングの自動契約機を利用する時の注意点

今すぐお金を借りたいという場合は、自動契約機を使ってキャッシングの手続きを行うことがおすすめです。自動契約機で契約まで完了させると、すぐに使うことができるカードをその場で受取ることができます。そのため、金融機関の振込対応時間が過ぎていても、その日のうちにお金を借りることができます。ただ、そのためには準備も必要です。

キャッシングの契約には、身分証明書が必要です。50万円以上の限度額を希望する場合や他社で多くの借入がある場合は、収入証明書の提出も求められます。こうした書類が揃っていなければ、手続きが完了しません。それだけに、自動契約機に行く前には、審査や契約の際に必要となる書類が揃っているかを確認しておくことが大切です。

自動契約機を使っての初めてのキャッシング

インターネットでのキャッシングの申し込みをすると、そこで審査が行われ電話がかかってきます。審査が通ると近くの無人の自動契約機が住んでいる家の近くにあれば、そこを指定して契約機でキャッシングのカードを発行します。

ネットで申し込んで審査に入り無人契約機でカードを発行するまでの時間は私の場合は大体3時間ほどで行えて、すかさずお金を利用枠の範囲で引き出しました。お金が必要な人は、やはり遠回りな方法よりも近道な方法を選ぶ為、少しでも素早く手元に現金をと言った状況ではかなり良い取引が出来ました。お金を引き出す事と返済する事もATMを活用して行いますが、どちらも人がいないタイミングで行えたのでとてもスムーズでした。

大手消費者金融と銀行の関係について

プロミスとモビットはSMBCグループの傘下にあり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある消費者金融です。また、AIが審査をすることで注目されているJ.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行が出資している消費者金融です。消費者金融と銀行は実は同じグループ、ということが多くなっています。

そんな場合は、親会社である銀行に口座を持っていることで、利便性が高くなることがあります。

例えば、プロミスの「瞬フリ」の利用条件は、三井住友銀行に口座を持っていることとなっているし、J.Score(ジェイスコア)では、みずほ銀行に口座を持っているとスコアがアップします。

キャッシングの利用を考えていて、申込先を検討している人は、自分が既に口座を持っている銀行系列の消費者金融を選ぶというのも選択肢の一つだと思います。

キャッシングの借入先を選ぶ際のポイントは

お金が必要になってどこからかお金を借りなくてならないとき、一番重要になってくるのが借入先の選定です。

まず、最初に借入先を選定するポイントとなってくるのは金利面についてですが、この金利に関しては基本的にどこの業者も横並びの状態なので業者ごとの差はあまりありませんが、月々の利息の支払い金額に影響してくるので必ず金利についてはチェックしておくようにしましょう。

また、借り入れたお金の偏差方法に関しても借入先を選定する重要な指標となってきます。たとえば、毎月一定の金額を支払えばいいリボビング払いは一見すると、いくらお金を借りても一定の金額の返済で済むためとても楽な返済方法のように思われますが、返済期間が延びれば延びるほど利息の負担が増えることになるので最終的な支払額はかなりの金額となってしまうこともあります。

そのため、少しでも返済金を減らしたいのであればリボルビング払いだけではなく、繰り上げ返済などができるような返済方法が柔軟な業者を選ぶことが大事です。

中小消費者金融での繰り返し契約!無駄な費用発生も!

消費者金融といっても、大手や中小消費者金融があります。一時的な借り入れであれば、大手と遜色のない中小消費者金融もあり、無利息サービスや同等の金利で借り入れすることもできます。しかしながら、中小消費者金融では見落としがちな費用もあり、返済時の振込手数料や契約時の実費発生という問題があります。

借り入れの都度契約を行う場合、証書貸付になると印紙代が掛かってしまいます。知らず知らずのうちに印紙代がかさんでしまうこともあるため、大手消費者金融のカードローンが良いのか中小消費者金融のフリーキャッシングが良いのか利用する前には慎重に判断することが重要です。10000万円の借り入れの為、200円の印紙代と324円の振込手数料は30日分の利息に比べると遥かに高い費用です。

カードローンは事前に発行してもらって

カードローンを利用する時にはまずはそのカードを発行してもらう、ということになりますが、その時にしっかりと審査がされるようになります。極度方式貸付というのが行われることになり、あなたにはこの金額までは貸すことができますよ、ということを決められるわけです。

それによって利用できる金額が違ってくるとなるわけです。いざ借りたいときに申請をして、カードを発行してもらって、ということにしますと即日では難しいことが現実的にありえてしまうのです。ですから、もし利用する機会があるとふんでいるのであれば、事前に発行してもらっておくことがベストになるというのは間違いないことでしょう。そうすれば発行されているわけですから限度額までは借りることができます。

銀行カードローンの自主規制の結果はどうなったのか

2017年に銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは全国銀行協会を中心に銀行業界は自主規制を導入しています。

10年ほど前の消費者金融の多重債務者問題では貸金業法改正による総量規制導入という結果になりましたが、銀行カードローンでは自主規制の効果を見極めるという感じでしょうか。実際に、銀行業界の自主規制の内容を見てみれば、いままで銀行業界には適用されていなかった総量規制を自主規制の内容に取り入れている銀行が多いことが一目瞭然にわかります。

ということで、総量規制対象外という売り物があった銀行カードローンですが、これからは銀行カードローンも消費者金融カードローンも審査には総量規制があると思ったほうがいいのかもしれません。

地方銀行のカードローン審査はなぜ甘いのか。

地方銀行カードローンに関しては、実際には審査は甘いという風になっています。

これはなぜかというと、いくつか理由があります。

ひとつは顧客の少なさです。 やはり知名度という点では大手には勝てません。

新規の顧客の獲得という面でも、審査は甘いほうがいいですし多くの人が並んで審査待ちをしているような状況でもありませんので、

審査をしていても競争する確立というのは少ないわけです。

また、限度額についても基本的な設定については低めになっていますので、借入を多めにされたとしても

破産しても損害が少なくなっているのがおきなポイントです。

リスク管理と、人気殿違いによって審査基準が甘めになっていたりするというわけなのであります。

専業主婦でも安心してできるキャッシング

家計を預かる主婦にとって、給料日前のピンチは家族の生活を支える上でも大問題。お金は借りたいけど、専業主婦だから自分自身に収入が無いぁら無理かもと諦めている人もいるかもしれません。

しかし、専業主婦でも運転免許証などの身分証明書があれば借りることができるのです。しかも、Web上で手続きすれば家族にばれる心配もありません。家計の足しに足りない分だけ借りて、給料が入れば返済という形をとれば、無理なく返すことができますね。返済時もコンビニATMが利用できる金融会社を選べば、周囲の目を気にすることなくキャッシングもできます。

ただし簡単に借りることができる分、自己管理をしっかりしないとズルズル借りてしまうことに。必要最低限だけ借りるということをしっかりと頭に入れておきましょう。

総量規制対象外となることとは?

そもそも総量規制とはなにかとなりますがこれは消費者金融に対する貸付の総量を規制するものであり、総量規制という規制自体は色々な業界であったりします。しかし、この場合は無担保の信用貸しのことを言う場合が多いです。

具体的には年収の三分の一を超える貸付を消費者金融に禁止しています。この消費者金融に、というのが一つのポイントであり、より正確にいえば貸金業法が該当することになる事業に対しての規制になります。つまりは、銀行などは別枠、ということになります。あくまで総量規制が引っかかるのは消費者金融などであり、所謂銀行系のところは実は総量規制対象外となります。

これがまずは基本になりますから覚えておきましょう。しかし、消費者金融でも対象外となることがあります。それがおまとめローンなどになります。これは借り手も得をするからであり、返すことに積極的なメリットがあるからになります。

ですから、複数のところの借金を纏めて一つにするときに年収の三分の一を超えているとしてもそれは総量規制外のことになります。消費者金融でもおまとめローンができている理由としてはこうした例外がしっかりと規定されているからでもあるわけです。

キャッシング主婦に関して

専業主婦の方がキャッシングを行うのは難しいときが多いです。

専業主婦は一定の収入が無いので、収入を見てキャッシングができるか審査をするカードローンでは審査が通らないことが多いからです。

しかし、専業主婦でもキャッシングを行うことはできます。

それは銀行カードローンです。

銀行カードローンによっては、配偶者の収入証明書や同意書などが必要無いです。

そのため、配偶者の同意が無くてもキャッシングの審査を受けられます。

申込みされた本人の借入審査を行いますが、審査が通ってキャッシングできるようになっても限度額は多くて50万円ほどとなっています。

専業主婦だとキャッシングはできても、その限度額はあまり高く無いと言えます。

ちなみにキャッシングの行える銀行カードローンは、ソニー銀行やジャパンネット銀行などがあります。

ソニー銀行カードローンならば、キャッシングの際の実質年率が13.8%と低く、初回融資は指定口座に振り込んでくれます。

さらに毎月の返済も最低2000円からとなっているので、返済額の負担も大きくはありません。

キャッシングをするならば、ソニー銀行カードローンがいろんな利点が多いのでおすすめできます。

専業主婦がキャッシングする際は、ぜひ参考にしてください。

学生がキャッシングを申し込めるのか?

一般的にはキャッシングとは成人した人が借りるイメージがありますが、学生でもキャッシングを申し込むことが出来るのでしょうか?先に結論から言ってしまうと、学生でもキャッシングを申し込むことは出来ます。できますが、色々と注意点があるので今回は学生のキャッシングについてと注意しなければならないことについて紹介します。

学生がキャッシングを申し込むことが出来るといっても、やはり成人対象の銀行が多いと言えるでしょう。ですが、未成年でもキャッシングを受け付けしている銀行もありますので、未成年の方はそこを探すところから始めるといいでしょう。

次に、審査基準についてです。一般に言われているのは、成人している社会人より学生の方が審査基準が厳しいのではないかということです。これも結論から言ってしまうと、厳しい所もあるということです。例えば、学生とはいっても月収がこのくらいないと審査には通らないだとか、自分の身の回りに関わる公共料金や家賃などを滞納していたりすると、審査を突破するのは厳しいようです。

さらに、学生の場合は学生本人のみならず、親の金融関係の事柄なども見られてしまうので、親が金融事故を起こしていると審査を突破するのは難しいでしょう。
結論として、キャッシングは申し込めますが、学生ならではの審査基準があったりするので注意しましょう。

主婦でキャッシング利用すること。

月末になると、何かとお金の支払いが厳しくなることも多く、急な出費があった場合、困りますね。身内の冠婚葬祭でまとまったお金が必要になったり、子供の学費以外の塾費用などで大きな額のお金が必要になった時、キャッシングが利用できるといいな~っと思っていたんです。

キャッシングが利用できると一時的なピンチも回避できるので、便利でしょう。やはりこうしたお金の使い方って大事だと思いますよ。パート勤務していますが、夫の給料が減額になったので私のパート代は家計の足しになるし、何かとやりくりが大変です。子供の塾費用も長期休みになると季節講習費用が別途必要になるので、大変なんです!お給料前の支払いは本当ピンチですね。

パートしているとキャッシングの申請が出来ると知り、早速申し込みの手続きを行いました。ネットから簡単に申請でき、本人確認書類はカメラアプリで撮影したものを添付するだけでOKなので簡単でしょう。他の人にバレることなく、家族にもバレずにキャッシングを利用できるので、こういった点もかなり魅力的でした。やはりお金は急に必要になるので、こうした手続きは重要ですね。平日14時前までに手続きをすると即日融資も可能なので便利です。

忘れていた支払いにはキャッシングで

急な出費がかさんで手持ちのお金が間に合わない!なんてこと、よくありますよね。

うっかり者の私・・・先日、すっかり忘れていたカードの明細書が家に届きました。

「ウワァ〜〜完全に忘れてたっ!!どうしよう・・・」

家中のお金のありそうな場所、そして、仕分けた封筒の中、かき集めてもまだまだ足りない・・・。お給料日のちょうど10日前がカードの引き落とし日です。

そんな時は、私の場合は、慌てずキャッシングをします。カードの支払い遅れは、遅延損害金もかかりますし、あまりに遅れてしまうと、ブラックリスト(?)に名前が載ってしまうこともあるようですので、絶対に避けたいですので・・・。

ちなみに私の手持ちのカードでキャッシング機能の申し込み、審査を通っているものは、2枚だけなのですが、そのうち1枚のセゾンカードに関しては、随時、セゾンATMにてキャッシング返済ができますので、10日後のお給料日には返せる、というような、返済の目処が立っている時はもっぱらセゾンカードでキャッシングしています。

返済時の手数料も無料ですし、数日間であれば、利息もどうということはないので・・・。

お金の使い方は計画的に、ですが、キャッシングも計画的に使うと、とても便利です。