新生銀行カードローンレイクの利用する時の注意点

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンでしたがかつては消費者金融でしたので最高金利設定が18%のままです。そのため銀行カードローンのような低金利でお金を借りたいという人にはあまり向いていません。銀行カードローンにも例外があるのでキャッシングを利用する時は注意が必要です。

銀行カードローンは収入のない専業主婦の利用が出来る業者もあるのですが、新生銀行カードローンレイクは利用条件は安定収入がある事なので利用出来ません。配偶者に収入があれば利用出来るのですがこれは主婦にとっては残念なところでしょう。

新生銀行カードローンは即日融資、Web完結サービスなどメリットもあるのですが、注意する点もあるので利用する前にしっかり確認しておきましょう。

レイクの2つの無利息ローン。どっちがお得?

レイクでは、2つの無利息ローンが用意されています。しかし、実際、自分が利用したいと思った際、どちらを利用すればお得なのか迷う人も少なくありません。

まず、一つ目が180日間無利息ローン。ただし、融資を受けたすべての額が180日間無利息と言う事ではなく、5万円以上の借り入れで、5万円までが無利息対象となります。そして、もう一方は、30日間、無利息ローンです。この場合は、融資を受けた額すべてが対象です。

では、実際、どちらを利用した方がお得なのかと言うと、融資額と返済回数によって、どちらを選べば良いかと言う事がポイントになります。例えば、10万円の融資を受けた場合、1回で返済可能ならば、30日間無利息ローンを利用した方がお得になります。3回以上の返済額になる場合は、180日間無利息ローンの方がお得だと言えるのです。

ただし、融資額が増えると話は変わります。50万円の融資を受けた場合は、返済回数に関係なく、30日間無利息ローンの方がお得になっており、額が増えれば増えるほど、30日間無利息ローンの方がお得な計算になります。
これらは、レイクのホームページで簡単に計算する事が可能です。その為、迷った際は、一度、シミュレーションを行ってから検討してみてはいかがでしょうか。

自動契約機を使うことによるデメリット

自動契約機は、行けばすぐ審査が終わってすぐ借りれるといういいところが多いものでありますが、

利用するにはデメリットももちろん存在します。

一つは近くに店舗がない時にはお金を借入することが難しくなるというわけです。

わざわざ遠くまで行くというのはそれだけでも手間です。

また、他の人が利用しているような状況でありますと、それまで結構な時間を待っていないといけませんから

時間がかからず早く終わるというメリットが生かせないですし、こういったときにも利用する際のデメリットとなるのです。

ネット契約をしたほうが早い可能性もあります。

自動契約機にも使い勝手が悪い部分もあるので、そのあたりはちゃんと調べてから利用してください。

何の問題もないのに審査に落ちる方がいます

現在大手消費者金融の審査通過率は軒並み45%ほどで、審査が甘いと言われても実は半分以上の方が落ちているのが実情です。しかし安心して下さい。この数字のからくりは、多重債務者が審査に落ちるから数字が下がるだけで、普通に生活されている方はほぼ問題なく審査に通ります。

しかし普通に生活されている方でも、申し込み方法を誤れば審査に落ちてしまいます。例えば審査に落ちたくないからと年収をごまかしたり、他社からの借り入れを少なめに申告することです。ちなみにクレジットカードのお買い物は借金ではありませんが、キャッシングは借金に当たります。キャッシングがあれば申告する義務があり、申告しないと嘘をついていると判断されてしまいます。

またもし審査に落ちたらマズイと、一度に複数社に申し込むのもNGです。金融機関に切羽詰まっていると判断され、問題ないのに審査に落ちる可能性があるのです。

ですから焦らず嘘をつかず、正確に申し込むことが審査に通る近道です。

銀行のカードローンを利用する場合の注意点

初めてカードローンを利用する場合は、金利の違いに注目して申込先を選ぶ人が多いと思います。カードローンの金利は、ほとんどの場合最高金利が適用されます。銀行は約14%、大手消費者金融は約18%というのが平均的な金利で、中小の消費者金融だと20%というところもあります。

金利の低さを考えると銀行のカードローンがお得なように思えますが、注意をしたいのは返済方法です。銀行のカードローンでは返済方法を口座振替限定にしているところもあります。毎月決まった日に自動的に引き落とされ、手数料もかからないので一見便利なようですが、多くの場合、借入残高が減っていくと引き落とされる金額も減っていくシステムになっています。最初は毎月1万円返済していたのに、気が付くと毎月2千円しか引き落とされていない、といったことが起こりえます。これは、カードローンの返済額が残高スライドリボルビング方式によって変化していくためです。

借入残高が減るにつれて月々の返済額が減っていくということは、借入期間がそれだけ長引くということです。年間の金利は低くても、結果的には支払う利息の総額は高くなることもあるのです。

消費者金融の場合は、返済期間は最長5年となっており、またATMでの返済が主流なため、余裕がある時には大目に返済するなどして返済期間を短縮することも可能です。銀行のカードローンを検討する際は、目先の金利にとらわれず、しっかりと返済シミュレーションをしてみる必要があります。

消費者金融が行っている審査方法とは

例えばカードローンを使うために消費者金融へ申込んだとします。審査はネットや自動契約機を選ぶと、専用の機械が自動的にチェックします。金融会社を直接訪れて手続きをした際に行われるのは、担当者による目視と機械による審査の2種類です。それらを終えた後、問題ないと判断されれば在籍確認の作業に移ります。この作業は機械では無理なので、金融会社の担当者が書類に書かれている勤め場所の電話番号を見ながら連絡を入れます。

在籍確認で会社の人間が電話に出た時は、金融会社の名前を出さず名字のみを名乗ります。話し方にフレンドリーな雰囲気があるので、相手側は親戚か友人のどちらかが電話をかけてきたと誤解しやすいです。あと、審査の対象者がその職場内にいることが分かれば良いので、困るような何かを聞いたりしません。

自営業者が申込みをしてきた時は在籍確認をする目的で、会社ではなく家の方に電話をかけます。依頼者の家族が電話に出たら、知人を名乗ってから簡単な質問をします。質問内容は依頼者がその家にいるかどうかです。簡単な問いかけなので答えを得やすいため、長くても20秒未満で終わります。

会社勤めの場合と同じで、こちらも依頼者が生活しづらくなる事は一切しないです。

キャッシング主婦に関して

専業主婦の方がキャッシングを行うのは難しいときが多いです。

専業主婦は一定の収入が無いので、収入を見てキャッシングができるか審査をするカードローンでは審査が通らないことが多いからです。

しかし、専業主婦でもキャッシングを行うことはできます。

それは銀行カードローンです。

銀行カードローンによっては、配偶者の収入証明書や同意書などが必要無いです。

そのため、配偶者の同意が無くてもキャッシングの審査を受けられます。

申込みされた本人の借入審査を行いますが、審査が通ってキャッシングできるようになっても限度額は多くて50万円ほどとなっています。

専業主婦だとキャッシングはできても、その限度額はあまり高く無いと言えます。

ちなみにキャッシングの行える銀行カードローンは、ソニー銀行やジャパンネット銀行などがあります。

ソニー銀行カードローンならば、キャッシングの際の実質年率が13.8%と低く、初回融資は指定口座に振り込んでくれます。

さらに毎月の返済も最低2000円からとなっているので、返済額の負担も大きくはありません。

キャッシングをするならば、ソニー銀行カードローンがいろんな利点が多いのでおすすめできます。

専業主婦がキャッシングする際は、ぜひ参考にしてください。

カードローンの即日融資の注意点

カードローンの宣伝では、即日融資という言葉がよく使われています。文字通り、カードローンの申し込みをしたその日に審査が完了し、お金を借りられるということです。銀行のカードローンでも即日融資可能と謳っているところがありますが、銀行の場合は審査に時間がかかる傾向があるので、その日のうちに現金が必要になったという場合は、消費者金融のカードローンの方が即日融資してもらえる可能性が高くなります。

即日融資の場合は、まず申し込みをなるべく早く済ませることが条件となります。最近では来店不要で申込み手続きが全てWeb上で完結し、借入金は銀行口座に振り込んでもらうこともできますが、この場合は、振込みに間に合う時間帯に審査に通る必要があるため時間の制約が厳しくなり、指定の銀行に口座を持っていなければいけない、など条件が厳しくなります。

そのため、申込み手続きはWebで済ませ、自動契約機まで出向いてローンカードや書類を受け取り、その場で現金を引き出す方が即日融資の可能性が高くなります。

即日融資は原則、平日の申し込みに限られていますが、大手消費者金融の中には、土日の即日融資にも対応しているところがあります。緊急の場合は、前もって電話で問い合わせてからスピーディに手続きをすることが大切です。

学生がキャッシングを申し込めるのか?

一般的にはキャッシングとは成人した人が借りるイメージがありますが、学生でもキャッシングを申し込むことが出来るのでしょうか?先に結論から言ってしまうと、学生でもキャッシングを申し込むことは出来ます。できますが、色々と注意点があるので今回は学生のキャッシングについてと注意しなければならないことについて紹介します。

学生がキャッシングを申し込むことが出来るといっても、やはり成人対象の銀行が多いと言えるでしょう。ですが、未成年でもキャッシングを受け付けしている銀行もありますので、未成年の方はそこを探すところから始めるといいでしょう。

次に、審査基準についてです。一般に言われているのは、成人している社会人より学生の方が審査基準が厳しいのではないかということです。これも結論から言ってしまうと、厳しい所もあるということです。例えば、学生とはいっても月収がこのくらいないと審査には通らないだとか、自分の身の回りに関わる公共料金や家賃などを滞納していたりすると、審査を突破するのは厳しいようです。

さらに、学生の場合は学生本人のみならず、親の金融関係の事柄なども見られてしまうので、親が金融事故を起こしていると審査を突破するのは難しいでしょう。
結論として、キャッシングは申し込めますが、学生ならではの審査基準があったりするので注意しましょう。

主婦でキャッシング利用すること。

月末になると、何かとお金の支払いが厳しくなることも多く、急な出費があった場合、困りますね。身内の冠婚葬祭でまとまったお金が必要になったり、子供の学費以外の塾費用などで大きな額のお金が必要になった時、キャッシングが利用できるといいな~っと思っていたんです。

キャッシングが利用できると一時的なピンチも回避できるので、便利でしょう。やはりこうしたお金の使い方って大事だと思いますよ。パート勤務していますが、夫の給料が減額になったので私のパート代は家計の足しになるし、何かとやりくりが大変です。子供の塾費用も長期休みになると季節講習費用が別途必要になるので、大変なんです!お給料前の支払いは本当ピンチですね。

パートしているとキャッシングの申請が出来ると知り、早速申し込みの手続きを行いました。ネットから簡単に申請でき、本人確認書類はカメラアプリで撮影したものを添付するだけでOKなので簡単でしょう。他の人にバレることなく、家族にもバレずにキャッシングを利用できるので、こういった点もかなり魅力的でした。やはりお金は急に必要になるので、こうした手続きは重要ですね。平日14時前までに手続きをすると即日融資も可能なので便利です。

キャッシングはしっかりした返済計画で安心です。

キャッシング。
お金を借りると言う事は、何となく不安ですよね。
不安な要因としては、
本当に借りられるのか?
本人確認はどうするのか?
転職したばかりなのに大丈夫なのか?
利息はどれくらいなのか?
などなど、いろいろと考えると思います。

ですが、一番大事な事は、

きちんと返せるのか?

だと思います。

もっと極端な事を言えば、キャッシングした後の返済計画がしっかりしていれば、
それ以外の事は、そんなに大きな問題ではないのかもしれません。

だって、それ以外は借り先が決めることなので、こちらにはどうすることもできないからです。
なので、キャッシングをする際は返済計画をしっかり考えて、納得してから借りましょう。

どのように返済計画をすれば安心できるのか・・・

一番簡単なのは、キャッシングする前にファイナンシャルプランナーなどのプロに相談することですが、
お金のことなのでなかなか相談しづらいですし、ちょっと奥手になってしまいますよね。

なので、まずは自分自身の1か月の収入と支出を「ノートに書きだしてみましょう。」
この「書き出してみる」と言う事がとても大事で、
書き出してことで見えなかったことが見えてくることもあります。

自分自身では、しっかり把握してお金を使っていたつもりでも、
実は意外と知らないことに使っているかもしれません。

キャッシングをする際は、返済計画をしっかりたてる。
返済計画は頭の中を書き出してみる。

それで、返済に不安がない場合はキャッシングしても
返済が滞るようなことはないと思います。

キャッシングはどう返済するのがオススメなの?

キャッシングを利用した後は、毎月その会社で定められている返済の最低金額を返済していきます。10万円ほどの借り入れなら、毎月の返済は3千円くらいですので負担はかなり小さいです。ただ最低金額ですとなかなか元本は減っていきませんので、完済までに時間がかかってしまいます。もし余裕があるのなら、少しでも早くに返済するのが一番です。

ATMや窓口での返済以外に口座振替での返済もあります。自分で振込をする場合には、うっかり返済を忘れてしまうということが心配です。不安な場合には口座振替がオススメなのですが、通帳に会社名などの記録が残ってしまいます。家族などに知られたくないという人にはあまり向いていませんね。

ATMからの返済ならいつでも返済できますので、都合のよい時にコンビニに立ち寄ってお買い物ついでにぱぱっと返済しておくのが安心です。給料日後に返済日を設定しておけば、お金がなくて返済できないという心配もありません。またボーナスが出た時、残業代がついていつもより給料が多い時などを利用して、毎月の返済額より少し多めに返済しておけば完済までも近道となります。

ATMからの返済の場合には、手数料が有料のATM、無料のATMがあります。最寄のATMで手数料が無料になる場所をあらかじめチェックしておくと、ムダな手数料を払うこともありません。

キャッシングの審査はどのようなことが行われるのでしょうか

銀行や消費者金融でキャッシングをするのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。それは何といっても、無担保無保証で利用できるということです。誰かに連帯保証人を頼む必要がありませんし、担保物件なしでお金を借りることができます。その代わり、その人の収入や信用情報が重要視されますので、お金を借りる前に審査が行われます。

多くの場合、定収入があり、また信用情報にブラックがなければ、まず通ると考えていていいでしょう。信用情報というのは、その人のカードやお金の借入れの履歴が登録されています。もし返済が3回続けて遅れたとか、あるいは債務整理などをした場合は、最低5年間ブラックが登録されますので、その間は審査に通りにくくなります。

それから、収入がきちんとあって、信用情報にブラックがない人であっても、他社からの借入れが多い場合には、審査に通りにくくなることもあります。特に消費者金融の場合は、借り過ぎを防ぐために総量規制が設けられていて、その人の年収の3分の1の金額が、お金を借りるうえでの限度額となります。この総量規制は、消費者金融からの借入れすべてが対象となりますので、消費者金融を何社か利用していて、さらに新規に申し込む場合は気をつけるようにしましょう。

忘れていた支払いにはキャッシングで

急な出費がかさんで手持ちのお金が間に合わない!なんてこと、よくありますよね。

うっかり者の私・・・先日、すっかり忘れていたカードの明細書が家に届きました。

「ウワァ〜〜完全に忘れてたっ!!どうしよう・・・」

家中のお金のありそうな場所、そして、仕分けた封筒の中、かき集めてもまだまだ足りない・・・。お給料日のちょうど10日前がカードの引き落とし日です。

そんな時は、私の場合は、慌てずキャッシングをします。カードの支払い遅れは、遅延損害金もかかりますし、あまりに遅れてしまうと、ブラックリスト(?)に名前が載ってしまうこともあるようですので、絶対に避けたいですので・・・。

ちなみに私の手持ちのカードでキャッシング機能の申し込み、審査を通っているものは、2枚だけなのですが、そのうち1枚のセゾンカードに関しては、随時、セゾンATMにてキャッシング返済ができますので、10日後のお給料日には返せる、というような、返済の目処が立っている時はもっぱらセゾンカードでキャッシングしています。

返済時の手数料も無料ですし、数日間であれば、利息もどうということはないので・・・。

お金の使い方は計画的に、ですが、キャッシングも計画的に使うと、とても便利です。

アルバイトの人がお金を借りる時に知っておきたいカードローンのこと

金融機関でキャッシングをしたいけれど、アルバイトなので審査に通るかどうかが不安と思っていないでしょうか。キャッシングは収入があれば、どんな人でも申込みができます。仕事をしていないけれど、不動産収入などがある人の場合も申込みが可能です。その一方で、収入がない人の場合は申し込めませんので、注意しましょう。

アルバイトでいいですから、まず仕事をして、収入を得るようにしてから、申し込むようにしてください。それからアルバイトの人の場合は、銀行よりも消費者金融の方がいいでしょう。なぜかといいますと、銀行は審査基準が厳しく、どちらかといえば正社員とか公務員のような、安定した収入のある人が通りやすいからです。

一方で消費者金融の方は、審査基準はが緩いため、アルバイトやパートタイムのような、非正規雇用の人でも通りやすくなっています。申込みには本人確認と収入証明が必要です。収入証明は給与明細で十分ですが、バイト先で給与明細を発行してもらっていない時は、給与振込み用の口座の通帳を持参しましょう。

消費者金融は、銀行に比べるといくらか金利が高めで、上限が20パーセントとなっていますが、最近は17パーセントから18パーセントの所も多いので、以前よりも利用しやすいといえます。