大手消費者金融と銀行の関係について

プロミスとモビットはSMBCグループの傘下にあり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある消費者金融です。また、AIが審査をすることで注目されているJ.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行が出資している消費者金融です。消費者金融と銀行は実は同じグループ、ということが多くなっています。

そんな場合は、親会社である銀行に口座を持っていることで、利便性が高くなることがあります。

例えば、プロミスの「瞬フリ」の利用条件は、三井住友銀行に口座を持っていることとなっているし、J.Score(ジェイスコア)では、みずほ銀行に口座を持っているとスコアがアップします。

キャッシングの利用を考えていて、申込先を検討している人は、自分が既に口座を持っている銀行系列の消費者金融を選ぶというのも選択肢の一つだと思います。

便利でお得なプロミスのアプリローン

プロミスのアプリローンは、ついにここまで来たかと驚くほど気軽に利用できるローンです。従来は契約をするために店舗に来店して、審査などがありその後お金を下ろすという流れだったため、非常に時間がかかりました。ですがアプリローンはアプリをダウンロードして、それにそって契約をするだけで利用できてしまうため最短で1時間ほどで融資をしてもらうこともできます。

もちろんカードなどがなくてもスマホが1台あれば契約することができますし、本人確認もスマホのカメラを使って身分証を撮影してそのデータを送るだけなので時間もかかりません。だからといってその分のデメリットがあるようなことはなく、もともとある30日間の無利息期間をはじめ他の便利なプロミスのサービスも利用することができます。

キャッシングの借入先を選ぶ際のポイントは

お金が必要になってどこからかお金を借りなくてならないとき、一番重要になってくるのが借入先の選定です。

まず、最初に借入先を選定するポイントとなってくるのは金利面についてですが、この金利に関しては基本的にどこの業者も横並びの状態なので業者ごとの差はあまりありませんが、月々の利息の支払い金額に影響してくるので必ず金利についてはチェックしておくようにしましょう。

また、借り入れたお金の偏差方法に関しても借入先を選定する重要な指標となってきます。たとえば、毎月一定の金額を支払えばいいリボビング払いは一見すると、いくらお金を借りても一定の金額の返済で済むためとても楽な返済方法のように思われますが、返済期間が延びれば延びるほど利息の負担が増えることになるので最終的な支払額はかなりの金額となってしまうこともあります。

そのため、少しでも返済金を減らしたいのであればリボルビング払いだけではなく、繰り上げ返済などができるような返済方法が柔軟な業者を選ぶことが大事です。

キャッシングの申込時の年齢制限について

キャッシングを申込む際には必ず年齢の確認が必要となっており、申込時には年齢を証明する書類の提出は必須です。キャッシングを利用するには年齢制限があるからです。

キャッシングの年齢制限は下限年齢は法律によって20歳以上と決まっていますから、ほとんどのキャッシング業者の下限年齢は20歳となっていますが、上限年齢は法律によって決まっていませんから、キャッシング業者によってバラバラであることに注意しなければなりません。

ほとんどのキャッシング業者の上限年齢は60歳から70歳くらいまでになっていますから、60歳から70歳までのキャッシング希望者は利用するキャッシング業者の上限年齢をあらかじめ確認しておく必要があります。

中小消費者金融での繰り返し契約!無駄な費用発生も!

消費者金融といっても、大手や中小消費者金融があります。一時的な借り入れであれば、大手と遜色のない中小消費者金融もあり、無利息サービスや同等の金利で借り入れすることもできます。しかしながら、中小消費者金融では見落としがちな費用もあり、返済時の振込手数料や契約時の実費発生という問題があります。

借り入れの都度契約を行う場合、証書貸付になると印紙代が掛かってしまいます。知らず知らずのうちに印紙代がかさんでしまうこともあるため、大手消費者金融のカードローンが良いのか中小消費者金融のフリーキャッシングが良いのか利用する前には慎重に判断することが重要です。10000万円の借り入れの為、200円の印紙代と324円の振込手数料は30日分の利息に比べると遥かに高い費用です。

自動契約機で申し込む人は必見!審査中に待機している時にオペレーターからどのような質問をされる?

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申し込みをすると審査中は待機する事になりますが、設置されている電話でオペレーターから質問される事があります。そこでどのような質問をされる事があるのか見ていく事にしましょう。

キャッシングの申し込みをする時に個人情報や勤務先情報などを申告しますが、審査をしている時に矛盾してしまう事があります。そのような時に確認するためにオペレーターから質問される事があります。また借入希望額を確認して少し多いと感じた時は利用目的を質問される事があります。キャッシングをする時は個人であれば基本的に利用目的は自由なので健全であれば正直に答えるようにしましょう。

審査中に自動契約機の中で待機している時は申込情報の矛盾や利用目的についてオペレーターから質問される事があるのでしっかり頭に入れておきましょう。

キャッシングは学生でも可能でしょうか

キャッシングは、学生さんで、あってもキャッシングは特に問題なく可能です。

なので、学生だから等の理由で、キャッシングができない事は、ほとんどありません。

ですが一部の学生さんは、キャッシングができない場合もあります。

その理由としましては、未成年の学生の方は、キャッシングができない可能性があると思います。

また、 キャッシングは、学生の方にとっては、初めてのキャッシングになり多少不安かもしれませんが、学生の方で、あってもキャッシングは特に問題は、ありませんよ。

最後になりますが、 キャッシングは、計画をしっかりたててからキャッシングを受けましょう。

また、キャッシングは計画的に利用すれば非常に便利なサービスになります。

楽天銀行のビジネスローンについて

楽天銀行のビジネスローンは、消費者金融のビジネスローンのように原則的に無担保、保証人不要でありながらも

借り入れできる金額はかなり大きいです。

最大で3000万円まで借り入れが可能で、金利は3.0%~15.0%までとなっています。

消費者金融のビジネスローンと比べると低めの金利であるといえましょう。

また、WEBからの申し込みが可能であり、24時間対応、来店不要で契約可能としているところも、大手消費者金融のビジネスローンのような利用しやすさがあります。

原則無担保、法承認不要でありながらも借り入れできる金額の上限が多いのでかなり利用幅が広がっているところが

楽天銀行のビジネスローンのかなりいいのではないでしょうか。

カードローンは事前に発行してもらって

カードローンを利用する時にはまずはそのカードを発行してもらう、ということになりますが、その時にしっかりと審査がされるようになります。極度方式貸付というのが行われることになり、あなたにはこの金額までは貸すことができますよ、ということを決められるわけです。

それによって利用できる金額が違ってくるとなるわけです。いざ借りたいときに申請をして、カードを発行してもらって、ということにしますと即日では難しいことが現実的にありえてしまうのです。ですから、もし利用する機会があるとふんでいるのであれば、事前に発行してもらっておくことがベストになるというのは間違いないことでしょう。そうすれば発行されているわけですから限度額までは借りることができます。

カードローンのコストは利息だけではない

カードローンを契約する時、多くの方は金利を優先して金融機関を比較するでしょう。それは間違いではないのですが、カードローンの利用にはその他のコストがかかることはあまり考慮されません。ですから契約してからしまったと後悔する方もたくさんいらっしゃるのです。

一番のコストは提携ATMの手数料です。最近大手消費者金融ではカードレスのアプリローンなるものを推していますが、その利用には手数料がしっかりかかります。借入や返済の度に108円・216円取られたら、年間で利息に匹敵するコストになってしまうのです。

ですから提携ATMの手数料の有無や、お持ちの銀行口座のインターネットバンキングを利用できるかなど、契約前に確かておくことが重要です。

銀行カードローンの自主規制の結果はどうなったのか

2017年に銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは全国銀行協会を中心に銀行業界は自主規制を導入しています。

10年ほど前の消費者金融の多重債務者問題では貸金業法改正による総量規制導入という結果になりましたが、銀行カードローンでは自主規制の効果を見極めるという感じでしょうか。実際に、銀行業界の自主規制の内容を見てみれば、いままで銀行業界には適用されていなかった総量規制を自主規制の内容に取り入れている銀行が多いことが一目瞭然にわかります。

ということで、総量規制対象外という売り物があった銀行カードローンですが、これからは銀行カードローンも消費者金融カードローンも審査には総量規制があると思ったほうがいいのかもしれません。

在籍確認無しで契約できるキャッシング

一般的に銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを契約する場合、審査の過程で職場へ在籍確認の電話がかかってきます。人によっては職場へ電話をかけないでほしいと希望する人もいるでしょうし、職場へ電話があると同僚にキャッシング契約をしたことがバレてしまうリスクが高まります。なんとか職場への電話確認を省略してキャッシング契約はできないものなのでしょうか。

大手消費者金融のモビットのキャッシングサービスをWeb完結契約で申込んだ場合、なんと在籍確認の電話無しで契約ができるので、職場へ電話をかけないでほしいと言う場合におすすめです。

なおモビットのカードローンをWeb完結契約するためには返済用口座として三井住友銀行或いは三菱東京UFJ銀行あるいはゆうちょ銀行の口座が必要となる点に注意が必要です。

アコムの借換え専用ローンのメリットとは

アコムでは他社債務をまとめて返済負担を減らすことができる専用ローンである、借換え専用ローンというサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスのメリットや特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

借換え専用ローンは通常のカードローンとは異なり、例外的に総量規制対象外のサービスとされています。そのため年収の3分の1を超える借換えにも対応可能です。

・無担保ローン

同ローンサービスは無担保ローンとなっているため、連帯保証人や担保などの用意は不要で速やかに契約ができます。

・運転免許証なしでも契約ができる

基本的には契約の際には運転免許証などの顔写真入りの本人確認書類が必要ですが、同ローンサービスは健康保険証+住民票という組み合わせでも契約ができます。

地方銀行のカードローン審査はなぜ甘いのか。

地方銀行カードローンに関しては、実際には審査は甘いという風になっています。

これはなぜかというと、いくつか理由があります。

ひとつは顧客の少なさです。 やはり知名度という点では大手には勝てません。

新規の顧客の獲得という面でも、審査は甘いほうがいいですし多くの人が並んで審査待ちをしているような状況でもありませんので、

審査をしていても競争する確立というのは少ないわけです。

また、限度額についても基本的な設定については低めになっていますので、借入を多めにされたとしても

破産しても損害が少なくなっているのがおきなポイントです。

リスク管理と、人気殿違いによって審査基準が甘めになっていたりするというわけなのであります。

専業主婦でも安心してできるキャッシング

家計を預かる主婦にとって、給料日前のピンチは家族の生活を支える上でも大問題。お金は借りたいけど、専業主婦だから自分自身に収入が無いぁら無理かもと諦めている人もいるかもしれません。

しかし、専業主婦でも運転免許証などの身分証明書があれば借りることができるのです。しかも、Web上で手続きすれば家族にばれる心配もありません。家計の足しに足りない分だけ借りて、給料が入れば返済という形をとれば、無理なく返すことができますね。返済時もコンビニATMが利用できる金融会社を選べば、周囲の目を気にすることなくキャッシングもできます。

ただし簡単に借りることができる分、自己管理をしっかりしないとズルズル借りてしまうことに。必要最低限だけ借りるということをしっかりと頭に入れておきましょう。

総量規制対象外となることとは?

そもそも総量規制とはなにかとなりますがこれは消費者金融に対する貸付の総量を規制するものであり、総量規制という規制自体は色々な業界であったりします。しかし、この場合は無担保の信用貸しのことを言う場合が多いです。

具体的には年収の三分の一を超える貸付を消費者金融に禁止しています。この消費者金融に、というのが一つのポイントであり、より正確にいえば貸金業法が該当することになる事業に対しての規制になります。つまりは、銀行などは別枠、ということになります。あくまで総量規制が引っかかるのは消費者金融などであり、所謂銀行系のところは実は総量規制対象外となります。

これがまずは基本になりますから覚えておきましょう。しかし、消費者金融でも対象外となることがあります。それがおまとめローンなどになります。これは借り手も得をするからであり、返すことに積極的なメリットがあるからになります。

ですから、複数のところの借金を纏めて一つにするときに年収の三分の一を超えているとしてもそれは総量規制外のことになります。消費者金融でもおまとめローンができている理由としてはこうした例外がしっかりと規定されているからでもあるわけです。

消費者金融で直ぐに契約したい!WEB完結と無人契約機の組み合わせが案内されている!

消費者金融のカードローンは、銀行に比べ金利は高めではあるものの、申し込み当日中に利用出来るという点でメリットがあります。しかし、インターネットでは審査順番待ちとなるため、最短30分を掲げている場合でも時間が長くなるケースがあります。

ですが、大手消費者金融では最短での契約手続き方法として、WEB完結での申し込みと無人契約機の組み合わせを紹介しており、最短の方法として説明がされています。

実際、無人契約機での契約はその場でローンカードを受け取れるものの、申し込み手続きには時間が掛かり、約1時間ほどかかるケースもあります。ですが、WEBで申し込みを済ませる場合、手書きでの申し込みに比べスピードは速く、契約ルーム内に拘束される時間も殆ど無くなるため、急いでいない時でも時間の無駄を削減することが可能です。

新生銀行カードローンレイクの利用する時の注意点

新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンでしたがかつては消費者金融でしたので最高金利設定が18%のままです。そのため銀行カードローンのような低金利でお金を借りたいという人にはあまり向いていません。銀行カードローンにも例外があるのでキャッシングを利用する時は注意が必要です。

銀行カードローンは収入のない専業主婦の利用が出来る業者もあるのですが、新生銀行カードローンレイクは利用条件は安定収入がある事なので利用出来ません。配偶者に収入があれば利用出来るのですがこれは主婦にとっては残念なところでしょう。

新生銀行カードローンは即日融資、Web完結サービスなどメリットもあるのですが、注意する点もあるので利用する前にしっかり確認しておきましょう。

レイクの2つの無利息ローン。どっちがお得?

レイクでは、2つの無利息ローンが用意されています。しかし、実際、自分が利用したいと思った際、どちらを利用すればお得なのか迷う人も少なくありません。

まず、一つ目が180日間無利息ローン。ただし、融資を受けたすべての額が180日間無利息と言う事ではなく、5万円以上の借り入れで、5万円までが無利息対象となります。そして、もう一方は、30日間、無利息ローンです。この場合は、融資を受けた額すべてが対象です。

では、実際、どちらを利用した方がお得なのかと言うと、融資額と返済回数によって、どちらを選べば良いかと言う事がポイントになります。例えば、10万円の融資を受けた場合、1回で返済可能ならば、30日間無利息ローンを利用した方がお得になります。3回以上の返済額になる場合は、180日間無利息ローンの方がお得だと言えるのです。

ただし、融資額が増えると話は変わります。50万円の融資を受けた場合は、返済回数に関係なく、30日間無利息ローンの方がお得になっており、額が増えれば増えるほど、30日間無利息ローンの方がお得な計算になります。
これらは、レイクのホームページで簡単に計算する事が可能です。その為、迷った際は、一度、シミュレーションを行ってから検討してみてはいかがでしょうか。

自動契約機を使うことによるデメリット

自動契約機は、行けばすぐ審査が終わってすぐ借りれるといういいところが多いものでありますが、

利用するにはデメリットももちろん存在します。

一つは近くに店舗がない時にはお金を借入することが難しくなるというわけです。

わざわざ遠くまで行くというのはそれだけでも手間です。

また、他の人が利用しているような状況でありますと、それまで結構な時間を待っていないといけませんから

時間がかからず早く終わるというメリットが生かせないですし、こういったときにも利用する際のデメリットとなるのです。

ネット契約をしたほうが早い可能性もあります。

自動契約機にも使い勝手が悪い部分もあるので、そのあたりはちゃんと調べてから利用してください。