利用するメリットがたくさんあるプロミスでのキャッシング

急な出費でお金が必要になったが、銀行口座にはほとんど残ってない、どうしようか、そんな悩みを抱えたときに助けてくれるのが消費者金融であり、その中でも代表的な業者がプロミスでのキャッシングです。三井住友銀行グループに属する安定性、そして30日間での無利息融資、24時間振込可能など便利で実用的なサービスを展開し、多くの利用者の満足度を高めています。

また女性はちょっとこうした業者を利用することに抵抗を感じるものですが、プロミスは女性専用ダイヤルを用意し、女性オペレーターによる案内をしてくれますので、その点での不安もありません。

その他即日融資に対応していることや、50万円以下であれば収入証明用紙が原則不要であること、銀行やコンビニのATMを利用して融資や返済ができることなどプロミスを利用するメリットはたくさんあります。

主婦におすすめの銀行のカードローン

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングよりも貸付条件が良い分、審査が厳しい傾向にあり、特に収入がない専業主婦は契約が非常に厳しくなっています。専業主婦でも契約できる銀行のカードローンはあるのでしょうか。

大手ネット銀行である楽天銀行のカードローンであれば配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも契約可能とされているので、銀行のカードローンを契約したいと考えている主婦の方におすすめです。

なお楽天銀行のカードローンは通常であれば利用限度額は最高で800万円、金利は年1.9%から14.5%(2019年1月15日時点)という貸付条件ですが、専業主婦が利用する場合は利用限度額が最高で50万円、金利は年14.5%という貸付条件となる点に気をつける必要があります。

預金残高はキャッシングの審査に影響があるのか?

お金を借りるときに、返済してもらう側としては相手にお金がある状態の方が返すアテがあります。となると、預金があった方が審査も通過しやすいと考えるのが自然です。

ですが、キャッシングは実は預金額というのは審査に影響を示さないものです。

キャッシングの審査では「過去に貯めた金額」よりも、「将来的に支払いができる収入」をみます。預金自体調べるのも面倒ですし、口座を持っている銀行でもないので調べる権限もないです。

ですので、基本は職業の有無や収入状況を見ます。

預金残高が数千万円あったとしても、現在無職であります。 という状態ですと、審査はまず通過できません。

審査に通過したいのであれば、ためたお金より今の収入なのです。 

キャッシングの自動契約機を利用する時の注意点

今すぐお金を借りたいという場合は、自動契約機を使ってキャッシングの手続きを行うことがおすすめです。自動契約機で契約まで完了させると、すぐに使うことができるカードをその場で受取ることができます。そのため、金融機関の振込対応時間が過ぎていても、その日のうちにお金を借りることができます。ただ、そのためには準備も必要です。

キャッシングの契約には、身分証明書が必要です。50万円以上の限度額を希望する場合や他社で多くの借入がある場合は、収入証明書の提出も求められます。こうした書類が揃っていなければ、手続きが完了しません。それだけに、自動契約機に行く前には、審査や契約の際に必要となる書類が揃っているかを確認しておくことが大切です。

おまとめローンは早めの相談をおすすめします。

恥ずかしながら、以前消費者金融アコムとかプロミスとかの利用で利息の支払いに追われてしまい、このままでは生活していけない!という状態におちいった経験があります。

やはり、すぐキャッシングできるのは便利でしたが、気が付けば支払い期日ばかり気になってしまうようになりましたし、毎回の返済明細書を見る度に元金が全然減っていかない現実に恐怖を感じ、どうすればいいか困っていた時に銀行に勤めていた知人からおまとめローンについて教えてもらい、自分の借金の現状を話すのは最初恥ずかしい気持ちもありましたが友人も消費者金融の返済利息についてはやはり、困っている人が多い事実をよく認識しており、相談して良かったと思っています。

審査はありますが、あちこちに分散していた支払いをひとつにまとめることで、より返済計画もたてやすくて返済金利の見直しにもなり早く、確実に返済できたと思っています。

アイフルの即日融資がとにかく早い

色々な消費者金融がある中、私が選んだのがアイフルです。今はどこもインターネット完結のシステムがありますし、入金までは早いですよね。しかし、アイフルの場合はインターネットから申し込みをした後に電話で連絡すると、優先して審査をしてもらえるというサービスがあるんです。とにかく急いでいる人向けで、当時とにかくすぐにお金が欲しくて検索したらこちらがヒットしました。

普通に申し込みをしたらフリーダイヤルの番号に連絡するだけ。フリーダイヤルなので電話代もかかりません。審査も優先して頂いたのですぐに完了し、午前中の申し込みだったのでそのまま口座の方に入金して頂きました。近くにある自動契約機は、ビルの目の前に知り合いの店があるので行きにくかったんですよね。おかげで助かりました。

キャッシングの返済というのは出来るだけ早く

キャッシングでお金を借りた場合、返済というのは次の月からということになるのですが早めに返すというのも別に悪いことではないです。むしろ、利息という点においては早めに返した方が良いということは間違いないことになりますから返済計画は少しでも前倒しするということにした方が良いでしょう。

しかし、約定返済を無理せず行っていくだけでも最終的には完済できるようにはなっていますからそこまで心配することはないのです。キャッシングサービスというのはいざという時にお金が足りない時など利用する価値が十分にありますから事前に申し込みをしておいていつでも借りれることができるようにしておくのがベストです。返済計画がしっかりとしているのであれば借りることは悪いことではないのです。

自動契約機を使っての初めてのキャッシング

インターネットでのキャッシングの申し込みをすると、そこで審査が行われ電話がかかってきます。審査が通ると近くの無人の自動契約機が住んでいる家の近くにあれば、そこを指定して契約機でキャッシングのカードを発行します。

ネットで申し込んで審査に入り無人契約機でカードを発行するまでの時間は私の場合は大体3時間ほどで行えて、すかさずお金を利用枠の範囲で引き出しました。お金が必要な人は、やはり遠回りな方法よりも近道な方法を選ぶ為、少しでも素早く手元に現金をと言った状況ではかなり良い取引が出来ました。お金を引き出す事と返済する事もATMを活用して行いますが、どちらも人がいないタイミングで行えたのでとてもスムーズでした。

銀行カードローンは衰退していくのか?

銀行カードローンが総量規制を自主的に受け入れた結果、昨年の多重債務者数は改正貸金業法施行以降最低の数になったそうです。契約者の借り過ぎを防止できたことは良かったのですが、保証会社の貸し倒れ金額は過去最高となったそうです。保証会社である大手消費者金融はメガバンクの傘下にあり、メガバンクはカードローンの契約数が落ちただけでなく、連結決算でも大きな痛手を被ったわけなのです。

このまま銀行カードローンは衰退していくのかは正直分かりませんが、現在稼ぎ頭であるカードローンを銀行が見放すとは思えません。最近はTポイントや楽天ポイントを獲得できる銀行カードローンが増えており、金利や融資スピード以外に差別化を計り、契約者数を増やしていくことが考えられるのです。

大手消費者金融と銀行の関係について

プロミスとモビットはSMBCグループの傘下にあり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある消費者金融です。また、AIが審査をすることで注目されているJ.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行が出資している消費者金融です。消費者金融と銀行は実は同じグループ、ということが多くなっています。

そんな場合は、親会社である銀行に口座を持っていることで、利便性が高くなることがあります。

例えば、プロミスの「瞬フリ」の利用条件は、三井住友銀行に口座を持っていることとなっているし、J.Score(ジェイスコア)では、みずほ銀行に口座を持っているとスコアがアップします。

キャッシングの利用を考えていて、申込先を検討している人は、自分が既に口座を持っている銀行系列の消費者金融を選ぶというのも選択肢の一つだと思います。

便利でお得なプロミスのアプリローン

プロミスのアプリローンは、ついにここまで来たかと驚くほど気軽に利用できるローンです。従来は契約をするために店舗に来店して、審査などがありその後お金を下ろすという流れだったため、非常に時間がかかりました。ですがアプリローンはアプリをダウンロードして、それにそって契約をするだけで利用できてしまうため最短で1時間ほどで融資をしてもらうこともできます。

もちろんカードなどがなくてもスマホが1台あれば契約することができますし、本人確認もスマホのカメラを使って身分証を撮影してそのデータを送るだけなので時間もかかりません。だからといってその分のデメリットがあるようなことはなく、もともとある30日間の無利息期間をはじめ他の便利なプロミスのサービスも利用することができます。

キャッシングの借入先を選ぶ際のポイントは

お金が必要になってどこからかお金を借りなくてならないとき、一番重要になってくるのが借入先の選定です。

まず、最初に借入先を選定するポイントとなってくるのは金利面についてですが、この金利に関しては基本的にどこの業者も横並びの状態なので業者ごとの差はあまりありませんが、月々の利息の支払い金額に影響してくるので必ず金利についてはチェックしておくようにしましょう。

また、借り入れたお金の偏差方法に関しても借入先を選定する重要な指標となってきます。たとえば、毎月一定の金額を支払えばいいリボビング払いは一見すると、いくらお金を借りても一定の金額の返済で済むためとても楽な返済方法のように思われますが、返済期間が延びれば延びるほど利息の負担が増えることになるので最終的な支払額はかなりの金額となってしまうこともあります。

そのため、少しでも返済金を減らしたいのであればリボルビング払いだけではなく、繰り上げ返済などができるような返済方法が柔軟な業者を選ぶことが大事です。

キャッシングの申込時の年齢制限について

キャッシングを申込む際には必ず年齢の確認が必要となっており、申込時には年齢を証明する書類の提出は必須です。キャッシングを利用するには年齢制限があるからです。

キャッシングの年齢制限は下限年齢は法律によって20歳以上と決まっていますから、ほとんどのキャッシング業者の下限年齢は20歳となっていますが、上限年齢は法律によって決まっていませんから、キャッシング業者によってバラバラであることに注意しなければなりません。

ほとんどのキャッシング業者の上限年齢は60歳から70歳くらいまでになっていますから、60歳から70歳までのキャッシング希望者は利用するキャッシング業者の上限年齢をあらかじめ確認しておく必要があります。

中小消費者金融での繰り返し契約!無駄な費用発生も!

消費者金融といっても、大手や中小消費者金融があります。一時的な借り入れであれば、大手と遜色のない中小消費者金融もあり、無利息サービスや同等の金利で借り入れすることもできます。しかしながら、中小消費者金融では見落としがちな費用もあり、返済時の振込手数料や契約時の実費発生という問題があります。

借り入れの都度契約を行う場合、証書貸付になると印紙代が掛かってしまいます。知らず知らずのうちに印紙代がかさんでしまうこともあるため、大手消費者金融のカードローンが良いのか中小消費者金融のフリーキャッシングが良いのか利用する前には慎重に判断することが重要です。10000万円の借り入れの為、200円の印紙代と324円の振込手数料は30日分の利息に比べると遥かに高い費用です。

自動契約機で申し込む人は必見!審査中に待機している時にオペレーターからどのような質問をされる?

消費者金融の自動契約機でキャッシングの申し込みをすると審査中は待機する事になりますが、設置されている電話でオペレーターから質問される事があります。そこでどのような質問をされる事があるのか見ていく事にしましょう。

キャッシングの申し込みをする時に個人情報や勤務先情報などを申告しますが、審査をしている時に矛盾してしまう事があります。そのような時に確認するためにオペレーターから質問される事があります。また借入希望額を確認して少し多いと感じた時は利用目的を質問される事があります。キャッシングをする時は個人であれば基本的に利用目的は自由なので健全であれば正直に答えるようにしましょう。

審査中に自動契約機の中で待機している時は申込情報の矛盾や利用目的についてオペレーターから質問される事があるのでしっかり頭に入れておきましょう。

キャッシングは学生でも可能でしょうか

キャッシングは、学生さんで、あってもキャッシングは特に問題なく可能です。

なので、学生だから等の理由で、キャッシングができない事は、ほとんどありません。

ですが一部の学生さんは、キャッシングができない場合もあります。

その理由としましては、未成年の学生の方は、キャッシングができない可能性があると思います。

また、 キャッシングは、学生の方にとっては、初めてのキャッシングになり多少不安かもしれませんが、学生の方で、あってもキャッシングは特に問題は、ありませんよ。

最後になりますが、 キャッシングは、計画をしっかりたててからキャッシングを受けましょう。

また、キャッシングは計画的に利用すれば非常に便利なサービスになります。

楽天銀行のビジネスローンについて

楽天銀行のビジネスローンは、消費者金融のビジネスローンのように原則的に無担保、保証人不要でありながらも

借り入れできる金額はかなり大きいです。

最大で3000万円まで借り入れが可能で、金利は3.0%~15.0%までとなっています。

消費者金融のビジネスローンと比べると低めの金利であるといえましょう。

また、WEBからの申し込みが可能であり、24時間対応、来店不要で契約可能としているところも、大手消費者金融のビジネスローンのような利用しやすさがあります。

原則無担保、法承認不要でありながらも借り入れできる金額の上限が多いのでかなり利用幅が広がっているところが

楽天銀行のビジネスローンのかなりいいのではないでしょうか。

カードローンは事前に発行してもらって

カードローンを利用する時にはまずはそのカードを発行してもらう、ということになりますが、その時にしっかりと審査がされるようになります。極度方式貸付というのが行われることになり、あなたにはこの金額までは貸すことができますよ、ということを決められるわけです。

それによって利用できる金額が違ってくるとなるわけです。いざ借りたいときに申請をして、カードを発行してもらって、ということにしますと即日では難しいことが現実的にありえてしまうのです。ですから、もし利用する機会があるとふんでいるのであれば、事前に発行してもらっておくことがベストになるというのは間違いないことでしょう。そうすれば発行されているわけですから限度額までは借りることができます。

カードローンのコストは利息だけではない

カードローンを契約する時、多くの方は金利を優先して金融機関を比較するでしょう。それは間違いではないのですが、カードローンの利用にはその他のコストがかかることはあまり考慮されません。ですから契約してからしまったと後悔する方もたくさんいらっしゃるのです。

一番のコストは提携ATMの手数料です。最近大手消費者金融ではカードレスのアプリローンなるものを推していますが、その利用には手数料がしっかりかかります。借入や返済の度に108円・216円取られたら、年間で利息に匹敵するコストになってしまうのです。

ですから提携ATMの手数料の有無や、お持ちの銀行口座のインターネットバンキングを利用できるかなど、契約前に確かておくことが重要です。

銀行カードローンの自主規制の結果はどうなったのか

2017年に銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは全国銀行協会を中心に銀行業界は自主規制を導入しています。

10年ほど前の消費者金融の多重債務者問題では貸金業法改正による総量規制導入という結果になりましたが、銀行カードローンでは自主規制の効果を見極めるという感じでしょうか。実際に、銀行業界の自主規制の内容を見てみれば、いままで銀行業界には適用されていなかった総量規制を自主規制の内容に取り入れている銀行が多いことが一目瞭然にわかります。

ということで、総量規制対象外という売り物があった銀行カードローンですが、これからは銀行カードローンも消費者金融カードローンも審査には総量規制があると思ったほうがいいのかもしれません。