アルバイトの人がお金を借りる時に知っておきたいカードローンのこと

金融機関でキャッシングをしたいけれど、アルバイトなので審査に通るかどうかが不安と思っていないでしょうか。キャッシングは収入があれば、どんな人でも申込みができます。仕事をしていないけれど、不動産収入などがある人の場合も申込みが可能です。その一方で、収入がない人の場合は申し込めませんので、注意しましょう。

アルバイトでいいですから、まず仕事をして、収入を得るようにしてから、申し込むようにしてください。それからアルバイトの人の場合は、銀行よりも消費者金融の方がいいでしょう。なぜかといいますと、銀行は審査基準が厳しく、どちらかといえば正社員とか公務員のような、安定した収入のある人が通りやすいからです。

一方で消費者金融の方は、審査基準はが緩いため、アルバイトやパートタイムのような、非正規雇用の人でも通りやすくなっています。申込みには本人確認と収入証明が必要です。収入証明は給与明細で十分ですが、バイト先で給与明細を発行してもらっていない時は、給与振込み用の口座の通帳を持参しましょう。

消費者金融は、銀行に比べるといくらか金利が高めで、上限が20パーセントとなっていますが、最近は17パーセントから18パーセントの所も多いので、以前よりも利用しやすいといえます。