アルバイトがキャッシング業者を選ぶ時のポイント

アルバイトがキャッシングをする時は正社員に比べて負担が大きくなってしまう事があります。それでキャッシング業者の選び方に注意しなければいけません。選び方を間違えてしまうと返済が困難になって債務整理をしなければいけない場合もあります。そこでアルバイトがキャッシング業者を選ぶ時にどのような点がポイントになるのか確認していきましょう。

アルバイトがキャッシングをする理由がほとんどが金欠です。それでキャッシング業者を選ぶ時は融資スピードが優れている点を重視する必要があります。審査回答が即日のキャッシング業者を選ぶのがオススメです。また融資スピードが優れているキャッシング業者は金利が高く設定されているので無利息サービスがある事も忘れないようにしましょう。

飲み屋のツケがたまってしまいモビットで借入してみました

毎日のように会社が終わった後に行く飲み屋があるのですが、そこはツケがきき、一ヵ月を一括で支払うことになっていたのですが、

ある日、支払の分のお金を使ってしまい支払日に払うことが出来なくて店に行ったら案の定帰ってくれと言われ、なくなくその日は帰宅しました。

借金してでも返済しないとその飲み屋にいくことが出来ないので、消費者金融で借入することに。

10件ぐらいのキャッシングできるところを比較してみたことろ、モビットが評判良かったので、早速ネットから申込をしてみました。

自分は少しは借金があるのですが総量規制には引っかからないので安心していたのですが、

モビットから電話で連絡があり、収入証明書を提出できますか?という電話で不安がよぎりました。

前にかなり返済に遅れたことがあったのでリストに載っているのかも知れません。

収入証明書はすぐに手配できたので画像をネットからモビットに送ったところ、希望申込額の50万は難しく30万であればというのでお願いしました。

カードは数日後に送られてくるみたいで、即現金がほしかったものですから、自分の口座に振り込んでもらうことにしました。

次の日、モビットから借りたお金で飲み屋にツケを払いに行ったところ主人は今まで通りに接してくれてほんとに良かったです。

上京して初めて行った店だったので、この飲み屋だけは失いたくなかったんです。

今回はモビットさまさまで、今回の審査が通らなかったら大変なことになるところでした。

楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりオススメな理由は?

銀行カードローンを利用する時は大手銀行のカードローンを選ぶ人が多いです。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。またみずほ銀行カードローンは上限金利が14%、限度額が最大1000万円までと条件が良くなっています。それで大手銀行のカードローンを利用した方がメリットになると感じる人もいますが、最近ではネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。そこで楽天銀行スーパーローンは大手銀行のカードローンよりどの部分がオススメなのか見ていく事にしましょう。

・来店不要でキャッシングをする事が出来る

大手銀行のカードローンでキャッシングをする時は手続きや借りいれをする時に来店する事が出てくる場合があります。それで店舗が自宅近くにないと面倒に感じてしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンはWEB完結で手続きをする形になるので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・アルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っている

大手銀行のカードローンは審査が厳しめなのでアルバイトや専業主婦が利用するのは難しい部分があります。しかし楽天銀行スーパーローンはアルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っているので利用しやすいです。

プロミスでの増額申込みについて

消費者金融でのキャッシングは急な出費などに非常に便利ですが、現在既に利用しているけれど更に融資が必要な場合もあるかと思います。もちろん他社から新たに借入することも可能ですが、あまり多くの企業から借入をすると返済が大変になってしまいがちです。そういった場合は利用限度額の増額を申請してみることをお勧めします。

増額申込みに当ってプロミスを例にあげますと、申込み方法は2パターンあります。

1つは自分で申込む方法です。これは文字通りプロミスに自分から申込みます。契約時からの変更点を確認した後に再度審査となり合格になれば限度額が増額となります。この際増額借入するお金の使用目的が大切になってきます。というのも新たに追加して借り入れるということはそれだけお金に困っている状態だと判断される為、融資する側も慎重にならざるをえないからです。増額希望の場合は使用用途を明確にしてから申込むようにしましょう。

2つ目の方法としては、プロミスから利用限度額を増額しませんかと連絡がある場合です。プロミスでは継続利用期間が長く、かつ返済もしっかりしている方ですと限度額増額の連絡がくることがあります。再審査などは必要ですが、この場合ですと自分から申込む場合に比べて増額した際の限度額も高く設定しやすいです。

複数の借入は返済額の合計も跳ね上がりやすいですし、もし更に融資が必要な場合は利用中の金融機関での増額を検討されると返済もしやすいです。

年金のみで生活されている方はカードローンを契約できる?

現在国民年金が受給できる年齢は65歳となった時です。ただし国民年金には繰り上げ請求できる権利があり、60歳になった時から受給できます。この際の受給額は65歳時からの受給額の7割となりますが、60歳から64歳の間に亡くなってしまったら全て水の泡となりので、60歳から減額受給するのもアリです。

このブログ的には、年金受給者がカードローンを契約できるのかという疑問があります。答えはグレーで、年金のみで生活されている方が契約できるカードローンは少ないということになります。実際大手消費者金融では、年金のみで生活されている方は契約できません。ただし中小の消費者金融や信販会社のカードローンなら、年金受給者でも契約できるところがあります。

例えばオリコカードでお馴染みのオリコのカードローン「CREST」なら、満20歳以上で安定した収入があれば年金受給者でも申込めます。なおWEB申込みなら初回借入時の金利が2%割り引かれ年16%となるので、年配の方でも頑張ってWEBから申込みましょう。ただしCRESTには多少のデメリットごあります。それは融資を受けるまでに最短5営業日、実際は6~7営業日かかることで、お急ぎの方には向かないことです。それでもCRESTは、年金のみで生活されている方でも契約できる貴重なカードローンとなります。

レイクALSAではカードを作っておくだけというのも可能

レイクALSAの利用を考えてはいるが、今すぐお金を用意しないといけないわけではないというケースもあるはずです。

いずれ利用する可能性が考えられるけど、すぐには利用しないと思われるときにはカードを作っておくだけということも可能なので知っておいてほしいです。

カードだけを作って、お金を借りる必要がないということであれば、本当にお金が必要になったときにすぐに借り入れができます。

資金需要ができたときに迅速にお金が手に入れば、それは大きなメリットになりますから、そういった状況を想定したうえでレイクALSAにてカードだけ作っておくというのはおすすめの手段になります。

それが可能な会社ということで、レイクALSAの魅力を頭に入れておきましょう。

シミュレーションをしたことで簡単にキャッシングの利息の計算ができました

キャッシングをする際に当然のことながら返済をしなければなりませんが、その利息が一体どれくらいの額になるのか非常に不安でした。

そういった時に、返済シミュレーションがあることを知ったのです。これはとても簡単で、借りた金額と年利を入力するだけで1か月の金利がすぐに出るようになっていたためわかりやすかったです。自分で複雑な計算をしなくても済むうえに、事前に利息が分かるので安心して申し込みをすることができました。

たとえその数字がおおよそのものであっても申し込み前に利息の計算をしておくことで、必要以上の借金を防ぐことができると思います。利息が分かれば、トータルでの返済金額も把握できるので事前に確認をすることは必要不可欠だと感じました。

キャッシングを即日する際の流れ

キャッシングが即日受けられる特徴として、事前の診断項目も少なく、最短では30分から1時間以内でと便利です。短時間で審査の回答が着て、借り入れが可能なところもあるようです。

またキャッシングの流れとしては、スマートフォンやパソコンから24時間申し込みを可能なところもあり、インターネット上で契約ができて手続きすることができます。申し込みをすると会社側から内容確認の折り返し連絡が来ます。そして、カメラアプリなどで本人確認書類の提出をし、契約手続きのメールを確認した上で契約となり、会員ログインからの振り込みによる借り入れができるようです。そして、カードは後日自宅へと送られてくる流れとなっています。

もちろん電話での審査も可能で、電話をかけて借り入れが可能か判断してもらい、自動契約機にて申し込みをしてカードを発行してもらい利用することができます。