借り換えタイミングを考えてキャッシングを選ぶ

色々な用途で使えるキャッシングでの融資は、ユーザーにとって利便性が高いお金です。期日までに利息を上乗せした金額を返済すれば、様々なシーンで活用していく事が出来ますので、計画的に使っていく事が重要です。返済額は、消費者金融会社が設定している金利やユーザーが一度に借りた金額など複合的な要素が絡んでおり、ユーザー毎に変わってきます。利息を減らしたり、返済する消費者金融会社の数を減らしたりしたい場合には、借り換えを検討しても良いでしょう。

借り換えタイミングは、複数の消費者金融会社でお金を借りている場合において、まだ、債務残高がかなり残っているという時点で返済先を減らしたいといった時が効果的です。今までの消費者金融会社のキャッシングで借りたお金を全額返済するには、新しい借り先でその額に相当する融資を受ける必要があります。その為、信用情報機関のデータベースで問題があるような記載が無い事が大切になってきます。

借り換えタイミングを計って、キャッシングを選ぶ事でユーザーはスムーズに返済を続けられる環境作りを行えます。消費者金融会社は、キャッシングの他にも、おまとめローンを用意していますので、借り換え方法はいくつか選択肢があり、ユーザーの用途に合ったものを選べば良いでしょう。

人によって異なるキャッシングの限度額

キャッシングを利用する際に、まず設定されるのが限度額です。限度額の範囲内であれば、何度でも借入と返済を繰り返すことができますが、限度額を超える金額を借りることはできません。そのため、限度額が高いほうがより便利にキャッシングの利用ができることになります。

ただ、限度額というのは利用者が自由に決められるものではなく、業者が利用者の希望や条件を元に一人一人に最適な限度額を設定していきます。この時、限度額に大きな影響を与えることになるのが利用者の年収です。総量規制の関係で、年収の1/3を超える金額を借りることはできないようになっています。そのため、同じ業者を利用しても、限度額の上限は人によって大きく異なることになります。

利用するメリットがたくさんあるプロミスでのキャッシング

急な出費でお金が必要になったが、銀行口座にはほとんど残ってない、どうしようか、そんな悩みを抱えたときに助けてくれるのが消費者金融であり、その中でも代表的な業者がプロミスでのキャッシングです。三井住友銀行グループに属する安定性、そして30日間での無利息融資、24時間振込可能など便利で実用的なサービスを展開し、多くの利用者の満足度を高めています。

また女性はちょっとこうした業者を利用することに抵抗を感じるものですが、プロミスは女性専用ダイヤルを用意し、女性オペレーターによる案内をしてくれますので、その点での不安もありません。

その他即日融資に対応していることや、50万円以下であれば収入証明用紙が原則不要であること、銀行やコンビニのATMを利用して融資や返済ができることなどプロミスを利用するメリットはたくさんあります。

主婦におすすめの銀行のカードローン

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングよりも貸付条件が良い分、審査が厳しい傾向にあり、特に収入がない専業主婦は契約が非常に厳しくなっています。専業主婦でも契約できる銀行のカードローンはあるのでしょうか。

大手ネット銀行である楽天銀行のカードローンであれば配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも契約可能とされているので、銀行のカードローンを契約したいと考えている主婦の方におすすめです。

なお楽天銀行のカードローンは通常であれば利用限度額は最高で800万円、金利は年1.9%から14.5%(2019年1月15日時点)という貸付条件ですが、専業主婦が利用する場合は利用限度額が最高で50万円、金利は年14.5%という貸付条件となる点に気をつける必要があります。