アルバイトがキャッシング業者を選ぶ時のポイント

アルバイトがキャッシングをする時は正社員に比べて負担が大きくなってしまう事があります。それでキャッシング業者の選び方に注意しなければいけません。選び方を間違えてしまうと返済が困難になって債務整理をしなければいけない場合もあります。そこでアルバイトがキャッシング業者を選ぶ時にどのような点がポイントになるのか確認していきましょう。

アルバイトがキャッシングをする理由がほとんどが金欠です。それでキャッシング業者を選ぶ時は融資スピードが優れている点を重視する必要があります。審査回答が即日のキャッシング業者を選ぶのがオススメです。また融資スピードが優れているキャッシング業者は金利が高く設定されているので無利息サービスがある事も忘れないようにしましょう。

飲み屋のツケがたまってしまいモビットで借入してみました

毎日のように会社が終わった後に行く飲み屋があるのですが、そこはツケがきき、一ヵ月を一括で支払うことになっていたのですが、

ある日、支払の分のお金を使ってしまい支払日に払うことが出来なくて店に行ったら案の定帰ってくれと言われ、なくなくその日は帰宅しました。

借金してでも返済しないとその飲み屋にいくことが出来ないので、消費者金融で借入することに。

10件ぐらいのキャッシングできるところを比較してみたことろ、モビットが評判良かったので、早速ネットから申込をしてみました。

自分は少しは借金があるのですが総量規制には引っかからないので安心していたのですが、

モビットから電話で連絡があり、収入証明書を提出できますか?という電話で不安がよぎりました。

前にかなり返済に遅れたことがあったのでリストに載っているのかも知れません。

収入証明書はすぐに手配できたので画像をネットからモビットに送ったところ、希望申込額の50万は難しく30万であればというのでお願いしました。

カードは数日後に送られてくるみたいで、即現金がほしかったものですから、自分の口座に振り込んでもらうことにしました。

次の日、モビットから借りたお金で飲み屋にツケを払いに行ったところ主人は今まで通りに接してくれてほんとに良かったです。

上京して初めて行った店だったので、この飲み屋だけは失いたくなかったんです。

今回はモビットさまさまで、今回の審査が通らなかったら大変なことになるところでした。

楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりオススメな理由は?

銀行カードローンを利用する時は大手銀行のカードローンを選ぶ人が多いです。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。またみずほ銀行カードローンは上限金利が14%、限度額が最大1000万円までと条件が良くなっています。それで大手銀行のカードローンを利用した方がメリットになると感じる人もいますが、最近ではネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。そこで楽天銀行スーパーローンは大手銀行のカードローンよりどの部分がオススメなのか見ていく事にしましょう。

・来店不要でキャッシングをする事が出来る

大手銀行のカードローンでキャッシングをする時は手続きや借りいれをする時に来店する事が出てくる場合があります。それで店舗が自宅近くにないと面倒に感じてしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンはWEB完結で手続きをする形になるので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・アルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っている

大手銀行のカードローンは審査が厳しめなのでアルバイトや専業主婦が利用するのは難しい部分があります。しかし楽天銀行スーパーローンはアルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っているので利用しやすいです。

プロミスでの増額申込みについて

消費者金融でのキャッシングは急な出費などに非常に便利ですが、現在既に利用しているけれど更に融資が必要な場合もあるかと思います。もちろん他社から新たに借入することも可能ですが、あまり多くの企業から借入をすると返済が大変になってしまいがちです。そういった場合は利用限度額の増額を申請してみることをお勧めします。

増額申込みに当ってプロミスを例にあげますと、申込み方法は2パターンあります。

1つは自分で申込む方法です。これは文字通りプロミスに自分から申込みます。契約時からの変更点を確認した後に再度審査となり合格になれば限度額が増額となります。この際増額借入するお金の使用目的が大切になってきます。というのも新たに追加して借り入れるということはそれだけお金に困っている状態だと判断される為、融資する側も慎重にならざるをえないからです。増額希望の場合は使用用途を明確にしてから申込むようにしましょう。

2つ目の方法としては、プロミスから利用限度額を増額しませんかと連絡がある場合です。プロミスでは継続利用期間が長く、かつ返済もしっかりしている方ですと限度額増額の連絡がくることがあります。再審査などは必要ですが、この場合ですと自分から申込む場合に比べて増額した際の限度額も高く設定しやすいです。

複数の借入は返済額の合計も跳ね上がりやすいですし、もし更に融資が必要な場合は利用中の金融機関での増額を検討されると返済もしやすいです。

年金のみで生活されている方はカードローンを契約できる?

現在国民年金が受給できる年齢は65歳となった時です。ただし国民年金には繰り上げ請求できる権利があり、60歳になった時から受給できます。この際の受給額は65歳時からの受給額の7割となりますが、60歳から64歳の間に亡くなってしまったら全て水の泡となりので、60歳から減額受給するのもアリです。

このブログ的には、年金受給者がカードローンを契約できるのかという疑問があります。答えはグレーで、年金のみで生活されている方が契約できるカードローンは少ないということになります。実際大手消費者金融では、年金のみで生活されている方は契約できません。ただし中小の消費者金融や信販会社のカードローンなら、年金受給者でも契約できるところがあります。

例えばオリコカードでお馴染みのオリコのカードローン「CREST」なら、満20歳以上で安定した収入があれば年金受給者でも申込めます。なおWEB申込みなら初回借入時の金利が2%割り引かれ年16%となるので、年配の方でも頑張ってWEBから申込みましょう。ただしCRESTには多少のデメリットごあります。それは融資を受けるまでに最短5営業日、実際は6~7営業日かかることで、お急ぎの方には向かないことです。それでもCRESTは、年金のみで生活されている方でも契約できる貴重なカードローンとなります。

レイクALSAではカードを作っておくだけというのも可能

レイクALSAの利用を考えてはいるが、今すぐお金を用意しないといけないわけではないというケースもあるはずです。

いずれ利用する可能性が考えられるけど、すぐには利用しないと思われるときにはカードを作っておくだけということも可能なので知っておいてほしいです。

カードだけを作って、お金を借りる必要がないということであれば、本当にお金が必要になったときにすぐに借り入れができます。

資金需要ができたときに迅速にお金が手に入れば、それは大きなメリットになりますから、そういった状況を想定したうえでレイクALSAにてカードだけ作っておくというのはおすすめの手段になります。

それが可能な会社ということで、レイクALSAの魅力を頭に入れておきましょう。

シミュレーションをしたことで簡単にキャッシングの利息の計算ができました

キャッシングをする際に当然のことながら返済をしなければなりませんが、その利息が一体どれくらいの額になるのか非常に不安でした。

そういった時に、返済シミュレーションがあることを知ったのです。これはとても簡単で、借りた金額と年利を入力するだけで1か月の金利がすぐに出るようになっていたためわかりやすかったです。自分で複雑な計算をしなくても済むうえに、事前に利息が分かるので安心して申し込みをすることができました。

たとえその数字がおおよそのものであっても申し込み前に利息の計算をしておくことで、必要以上の借金を防ぐことができると思います。利息が分かれば、トータルでの返済金額も把握できるので事前に確認をすることは必要不可欠だと感じました。

キャッシングを即日する際の流れ

キャッシングが即日受けられる特徴として、事前の診断項目も少なく、最短では30分から1時間以内でと便利です。短時間で審査の回答が着て、借り入れが可能なところもあるようです。

またキャッシングの流れとしては、スマートフォンやパソコンから24時間申し込みを可能なところもあり、インターネット上で契約ができて手続きすることができます。申し込みをすると会社側から内容確認の折り返し連絡が来ます。そして、カメラアプリなどで本人確認書類の提出をし、契約手続きのメールを確認した上で契約となり、会員ログインからの振り込みによる借り入れができるようです。そして、カードは後日自宅へと送られてくる流れとなっています。

もちろん電話での審査も可能で、電話をかけて借り入れが可能か判断してもらい、自動契約機にて申し込みをしてカードを発行してもらい利用することができます。

借り換えタイミングを考えてキャッシングを選ぶ

色々な用途で使えるキャッシングでの融資は、ユーザーにとって利便性が高いお金です。期日までに利息を上乗せした金額を返済すれば、様々なシーンで活用していく事が出来ますので、計画的に使っていく事が重要です。返済額は、消費者金融会社が設定している金利やユーザーが一度に借りた金額など複合的な要素が絡んでおり、ユーザー毎に変わってきます。利息を減らしたり、返済する消費者金融会社の数を減らしたりしたい場合には、借り換えを検討しても良いでしょう。

借り換えタイミングは、複数の消費者金融会社でお金を借りている場合において、まだ、債務残高がかなり残っているという時点で返済先を減らしたいといった時が効果的です。今までの消費者金融会社のキャッシングで借りたお金を全額返済するには、新しい借り先でその額に相当する融資を受ける必要があります。その為、信用情報機関のデータベースで問題があるような記載が無い事が大切になってきます。

借り換えタイミングを計って、キャッシングを選ぶ事でユーザーはスムーズに返済を続けられる環境作りを行えます。消費者金融会社は、キャッシングの他にも、おまとめローンを用意していますので、借り換え方法はいくつか選択肢があり、ユーザーの用途に合ったものを選べば良いでしょう。

人によって異なるキャッシングの限度額

キャッシングを利用する際に、まず設定されるのが限度額です。限度額の範囲内であれば、何度でも借入と返済を繰り返すことができますが、限度額を超える金額を借りることはできません。そのため、限度額が高いほうがより便利にキャッシングの利用ができることになります。

ただ、限度額というのは利用者が自由に決められるものではなく、業者が利用者の希望や条件を元に一人一人に最適な限度額を設定していきます。この時、限度額に大きな影響を与えることになるのが利用者の年収です。総量規制の関係で、年収の1/3を超える金額を借りることはできないようになっています。そのため、同じ業者を利用しても、限度額の上限は人によって大きく異なることになります。

利用するメリットがたくさんあるプロミスでのキャッシング

急な出費でお金が必要になったが、銀行口座にはほとんど残ってない、どうしようか、そんな悩みを抱えたときに助けてくれるのが消費者金融であり、その中でも代表的な業者がプロミスでのキャッシングです。三井住友銀行グループに属する安定性、そして30日間での無利息融資、24時間振込可能など便利で実用的なサービスを展開し、多くの利用者の満足度を高めています。

また女性はちょっとこうした業者を利用することに抵抗を感じるものですが、プロミスは女性専用ダイヤルを用意し、女性オペレーターによる案内をしてくれますので、その点での不安もありません。

その他即日融資に対応していることや、50万円以下であれば収入証明用紙が原則不要であること、銀行やコンビニのATMを利用して融資や返済ができることなどプロミスを利用するメリットはたくさんあります。

主婦におすすめの銀行のカードローン

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングよりも貸付条件が良い分、審査が厳しい傾向にあり、特に収入がない専業主婦は契約が非常に厳しくなっています。専業主婦でも契約できる銀行のカードローンはあるのでしょうか。

大手ネット銀行である楽天銀行のカードローンであれば配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも契約可能とされているので、銀行のカードローンを契約したいと考えている主婦の方におすすめです。

なお楽天銀行のカードローンは通常であれば利用限度額は最高で800万円、金利は年1.9%から14.5%(2019年1月15日時点)という貸付条件ですが、専業主婦が利用する場合は利用限度額が最高で50万円、金利は年14.5%という貸付条件となる点に気をつける必要があります。

預金残高はキャッシングの審査に影響があるのか?

お金を借りるときに、返済してもらう側としては相手にお金がある状態の方が返すアテがあります。となると、預金があった方が審査も通過しやすいと考えるのが自然です。

ですが、キャッシングは実は預金額というのは審査に影響を示さないものです。

キャッシングの審査では「過去に貯めた金額」よりも、「将来的に支払いができる収入」をみます。預金自体調べるのも面倒ですし、口座を持っている銀行でもないので調べる権限もないです。

ですので、基本は職業の有無や収入状況を見ます。

預金残高が数千万円あったとしても、現在無職であります。 という状態ですと、審査はまず通過できません。

審査に通過したいのであれば、ためたお金より今の収入なのです。 

キャッシングの自動契約機を利用する時の注意点

今すぐお金を借りたいという場合は、自動契約機を使ってキャッシングの手続きを行うことがおすすめです。自動契約機で契約まで完了させると、すぐに使うことができるカードをその場で受取ることができます。そのため、金融機関の振込対応時間が過ぎていても、その日のうちにお金を借りることができます。ただ、そのためには準備も必要です。

キャッシングの契約には、身分証明書が必要です。50万円以上の限度額を希望する場合や他社で多くの借入がある場合は、収入証明書の提出も求められます。こうした書類が揃っていなければ、手続きが完了しません。それだけに、自動契約機に行く前には、審査や契約の際に必要となる書類が揃っているかを確認しておくことが大切です。

おまとめローンは早めの相談をおすすめします。

恥ずかしながら、以前消費者金融アコムとかプロミスとかの利用で利息の支払いに追われてしまい、このままでは生活していけない!という状態におちいった経験があります。

やはり、すぐキャッシングできるのは便利でしたが、気が付けば支払い期日ばかり気になってしまうようになりましたし、毎回の返済明細書を見る度に元金が全然減っていかない現実に恐怖を感じ、どうすればいいか困っていた時に銀行に勤めていた知人からおまとめローンについて教えてもらい、自分の借金の現状を話すのは最初恥ずかしい気持ちもありましたが友人も消費者金融の返済利息についてはやはり、困っている人が多い事実をよく認識しており、相談して良かったと思っています。

審査はありますが、あちこちに分散していた支払いをひとつにまとめることで、より返済計画もたてやすくて返済金利の見直しにもなり早く、確実に返済できたと思っています。

アイフルの即日融資がとにかく早い

色々な消費者金融がある中、私が選んだのがアイフルです。今はどこもインターネット完結のシステムがありますし、入金までは早いですよね。しかし、アイフルの場合はインターネットから申し込みをした後に電話で連絡すると、優先して審査をしてもらえるというサービスがあるんです。とにかく急いでいる人向けで、当時とにかくすぐにお金が欲しくて検索したらこちらがヒットしました。

普通に申し込みをしたらフリーダイヤルの番号に連絡するだけ。フリーダイヤルなので電話代もかかりません。審査も優先して頂いたのですぐに完了し、午前中の申し込みだったのでそのまま口座の方に入金して頂きました。近くにある自動契約機は、ビルの目の前に知り合いの店があるので行きにくかったんですよね。おかげで助かりました。

キャッシングの返済というのは出来るだけ早く

キャッシングでお金を借りた場合、返済というのは次の月からということになるのですが早めに返すというのも別に悪いことではないです。むしろ、利息という点においては早めに返した方が良いということは間違いないことになりますから返済計画は少しでも前倒しするということにした方が良いでしょう。

しかし、約定返済を無理せず行っていくだけでも最終的には完済できるようにはなっていますからそこまで心配することはないのです。キャッシングサービスというのはいざという時にお金が足りない時など利用する価値が十分にありますから事前に申し込みをしておいていつでも借りれることができるようにしておくのがベストです。返済計画がしっかりとしているのであれば借りることは悪いことではないのです。

自動契約機を使っての初めてのキャッシング

インターネットでのキャッシングの申し込みをすると、そこで審査が行われ電話がかかってきます。審査が通ると近くの無人の自動契約機が住んでいる家の近くにあれば、そこを指定して契約機でキャッシングのカードを発行します。

ネットで申し込んで審査に入り無人契約機でカードを発行するまでの時間は私の場合は大体3時間ほどで行えて、すかさずお金を利用枠の範囲で引き出しました。お金が必要な人は、やはり遠回りな方法よりも近道な方法を選ぶ為、少しでも素早く手元に現金をと言った状況ではかなり良い取引が出来ました。お金を引き出す事と返済する事もATMを活用して行いますが、どちらも人がいないタイミングで行えたのでとてもスムーズでした。

銀行カードローンは衰退していくのか?

銀行カードローンが総量規制を自主的に受け入れた結果、昨年の多重債務者数は改正貸金業法施行以降最低の数になったそうです。契約者の借り過ぎを防止できたことは良かったのですが、保証会社の貸し倒れ金額は過去最高となったそうです。保証会社である大手消費者金融はメガバンクの傘下にあり、メガバンクはカードローンの契約数が落ちただけでなく、連結決算でも大きな痛手を被ったわけなのです。

このまま銀行カードローンは衰退していくのかは正直分かりませんが、現在稼ぎ頭であるカードローンを銀行が見放すとは思えません。最近はTポイントや楽天ポイントを獲得できる銀行カードローンが増えており、金利や融資スピード以外に差別化を計り、契約者数を増やしていくことが考えられるのです。

大手消費者金融と銀行の関係について

プロミスとモビットはSMBCグループの傘下にあり、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある消費者金融です。また、AIが審査をすることで注目されているJ.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行が出資している消費者金融です。消費者金融と銀行は実は同じグループ、ということが多くなっています。

そんな場合は、親会社である銀行に口座を持っていることで、利便性が高くなることがあります。

例えば、プロミスの「瞬フリ」の利用条件は、三井住友銀行に口座を持っていることとなっているし、J.Score(ジェイスコア)では、みずほ銀行に口座を持っているとスコアがアップします。

キャッシングの利用を考えていて、申込先を検討している人は、自分が既に口座を持っている銀行系列の消費者金融を選ぶというのも選択肢の一つだと思います。